ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/10/04 18:00  | 物申す! |  コメント(28)

懲りない面々

この記事を見て、腰を抜かしそうになったよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000040-sph-base

この球団はほんと学習しないんだね。
補強しなくて負けた場合、責任問題になる、というサラリーマン的なロジックで野球球団を経営されたら選手はたまったもんじゃないわな。

ダメな組織の典型例として読売ジャイアンツはケーススタディーに耐えられますね(笑)。

もう、ドラフトで指名されてもジャイアンツに来る選手はいなくなるんじゃないかな? 日ハムに移籍した太田選手は見事に規定打席をクリアした。一体ジャイアンツは何やってんだ!? と思うのは私だけではないでしょう。

まあ、見習えないでしょうけど、少しはカープを見習ったほうがいいと思います。そのほうが球界全体が盛り上がるしね!

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

28 comments on “懲りない面々
  1. 大阪の巨人ファン より:
    巨人軍の嫌味は簡単

    いつも楽しく記事を読んでます。
    野球関係で、言いたく書きました。
    広島カープ、リーグ戦2連覇、おめでとうございます。
    広島に関してホメ過ぎです。
    たまたま、長年の育成が成功しての連覇だと思います。(来年以降続いたらすいません)
    巨人もいろいろしてますやん。
    まあ、目につ大型金銭補強が多いですが。
    3軍制度の育成は、成功後にすたれましたがね。
    各チーム試行錯誤しながら、やってます。
    たまには、広島のダメ論を教えて下さい。

  2. 楽譜 より:
    次はどういう時代?

    少なくともセリーグに関しては、個人の時代は終わったんでしょうね。

    確かに巨人、カネかけた投手で総失点はセリーグ最少です。ただ例えば本塁打が広島くらい増えて、その本塁打全てがツーランだとおまけしても、総得点は広島に遠く及ばない。

    つまり、失点は個人の寄せ集めでなんとかなるが、得点はそうではない、という見方もあり得る。少なくともセリーグではそうかも知れない。これは総本塁打数と順位の関係の無さを見てもそう思える。

    はて個人の時代が終わりかと思うと、パリーグは総失点も総本塁打もほぼきれいに順位と相関している。これはセリーグの過去なのか未来なのか。

    これからの野球がどうなるのか、面白い時代であることは間違い無さそうです。

  3. くわモン より:
    ほんとダメ組織ですな

    チームづくりのグランドデザインがないまま、大物選手を乱獲するだけ。
    過去のFA獲得による成功体験が忘れられず、同じ過ちを繰り返す。
    ぐっちーさん、いい本書けそうですね。

  4. 空の財布 より:
    最後。

    >そのほうが球界全体が盛り上がるしね!
    のための意見で、ジャイアンツが強くなければ面白くないという隠れジャイアンツファンですよね…(笑)
    私はそうですね。
    但し、ベイスターズをスポナビライブで視聴していると、試合前のベンチの雰囲気が明るく、たまたま筒香選手がケツ振り振り準備運動?で周囲を笑わせてましたが、そんなことする選手はジャイアンツにはいないですよね…?(笑)
    畑は違うが、女帝のやっていることに比べれば、ジャイアンツが何をしようが大したことではないと思う昨日今日…苦笑。
    Aクラスが至上命題のチームで、現有勢力を見て、大型補強なしで来年戦えると考える首脳陣は巨人軍には皆無では?
    ジャイアンツは巨人軍のやり方で楽しませてくれればそれでよし、です(笑)。
    ただし、生え抜きで投手は菅野選手がいるが、野手で真の核になる選手、例えば広島の新井選手、ベイの筒香選手、こういう人がいないとチームはまとまらないし、なかなか人気も戻らないのでは?
    なので、巨人軍は目先ではなく、真の危機状態では?
    なので、首脳陣の結論は、大砲獲得しかないのでは?(と堂々巡り…)

  5. 空の財布 より:
    まさか…?

    政治ネタで、連投になり申し訳ないですが。
    まさか?と思うのだが…。
    民進党左派分離工作の功績で、選挙後、女帝がジミン党に論功行賞で復党、重要ポスト就任などということは…。
    ただの目覚めの悪い夢、妄想ですよね…(苦笑)
    なんとなく予想していたとおりに、朝日の世論調査結果では、自民党に何の影響も出てませんね…。

  6. へなちょこ侍 より:
    そんなに巨人っていいのですか?

    いつもお世話になっております。

    あくまで私見ですが、巨人に行った方々は、選手寿命が短くなっているような気が致します。

    結論として、野球が好きな選手は巨人以外に、野球はビジネス(お金)と考えている選手は巨人に、という感じに見えます。

    失礼致します。

  7. ペルドン より:
    面々

    親子と解釈すれば・・
    この二人が隠居しなければ・・
    巨人の復活はあり得ない・・

    マネーゲームではなく・・
    「マネーボール」マイケル・ルイス著を読むか・・
    ブラピ主演の映画を見るか・・
    発想の転換・・巨人においては革命が必要・・・
    ( ^ω^)・・・(笑

  8. dowahaha より:
    Go! Yanks!

    寄付き見てからTVつけたら、もう3点も取られてたナ
    田中の弟分、足が地についてないわ
    即、交代、これが良かったわ
    ヤンキース最大の弱点は監督と言われてたが、今回はナイスジャッジ!
    まあ、若手のホームラン2発もエエが、ガードナーの勝越しが効いたわ、ホントに通好みの選手でな、イチローが入った時は退団の危機だったが残って正解だったナ。
    明日はクリーブランドで初戦
    田中だと思うが、大勝負には強いからな
    全球スプリットでエエと思うぞ!
    敵地で1勝、戻って初戦が本当の勝負!

    相場は休みだな(笑)
    ダウなんぞ意味不明、日経はダウ次第だしナ
    ロケットマンがイヤに大人しい
    チャイの大会が近いからとタカくくってると、1発やりそうだわ
    また、空砲チャポンなら安倍クン喜ぶとこだが、頭越え見過ごし何回やるんだ?
    見事命中、破片は山の中落下ぐらいなら枝野残党など消し飛んでしまうわ(笑)

  9. 只野主任 より:
    エンターテイナー球団

    巨人には成績を求めてしまうんでしょうね。視聴率そんなに変わるのかな。もっと広い目で見て欲しいな。たしかに今の打線はしょぼいので、私はナベツネがまたオール4番打者打線を作って楽しませてほしいのですが。確実に視聴率上がるのでは。ヒールがいないと盛り上がらない。

  10. motcy より:
    それが巨人!!!

    私は忘れない。村田がベイから巨人へ移籍した時に「優勝争いができるチームに行きたい。」とインタビューにこたえていたことを・・・。確かに当時は今より優勝争いから遠かったけどその一言は酷いだろう。だから今回の巨人を押しのけての3位はマジで嬉しいです。

    補強よりも他球団からの戦力奪取の方がピンとくるかもしれない。巨人は勝っても負けても新聞売れれば問題ないみたいだし・・・。

  11. 下北のねこ より:
    今週号のAERAのぐっちーさんのコラムはタイムリーな重要課題。

    今週号のAERA、表紙がとってもぐふふ(o^^o)永久保存版ですう。
    おそらく、フォトグラファーさまの美的バランスを保つためか、編集長さまの強力な美形プッシュがあったのではないでしょうか。
    往年の丸山明宏の黒蜥蜴を思い出します。正統派の美はやっぱりいいわ~(〃∇〃)。

    ぐっちーさんのコラム、専門分野のお金(財政)を選挙がらみということで触れてる前半部より、むしろ、後半の小学校の先生たちの過重労働問題の方が正に喫緊の重要問題です。真面目に多くの関係者の皆さんに目を通して貰いたい記事です。

    まず目に付く最大のポイントは「みなし労働時間制」の問題だと思います。
    昨日もNHKの女性記者の残業超過による過労死が発覚しました。
    NHKはこの記者さんに対し、「事業場外みなし時間制度」という制度を適用していたそうです。

    みなし労働時間制なんて、無制限に労働時間が増える最悪の制度の一つだと思います。ともかく早急に法改正して、業種に関係なく強力な規制を掛けるべきです。

    NHKは残業時間を一応きちんと把握していたので、タイムカードくらいはあるのでしょう。学校現場はどうなんでしょうか。まさか今でも正確な労働時間が把握できない昔ながらの出勤簿捺印なんじゃないかな。

    はっきり言って、まず、学校の先生方のみなし労働時間制を廃止してみればいいんです。残業は残業、休日出勤は出勤としてきちんと扱う。仕事の家への持ち帰りは極力しないよう指導する。そうすれば、先生方がいかにたくさん働いているか目に見える数字に出ます。学校の先生って、大卒の専門職で、しかも人数が多く公務員の中に占める割合が大きいので残業代が大きく出ます。

    そうすれば、おそらく、財務当局がブチ切れます。
    残業時間を減らすように強力な圧力かかるはずです。事務当局からの文句には、教育以外の専門知識のない教育委員会始め学校って、意外に弱いはずです。

    あと、時間外も含め労働時間の管理ですが、バソコンでできないものなんでしょうか。職場に出勤したら、パソコンの電源を入れログインする。家庭に持ち帰った場合も、仕事をする際は、どんな仕事をするときでもサーバーにログインする。そうすれば、かなり正確に労働時間は把握できると思います。
    この方法だったら、学校現場だけじゃなく、本庁の都道府県教育委員会も実態をタイムリーに把握できます。労働時間が多い学校には勧告、指導も入れられます。

    関係ないけど、学校って、タイムカードないとしたら、ビジネスチャンスかも。中古オフィス家具店に行ってタイムカードの機械買って、近所の小学校に売り込んでみようかな。上手く行ったら、市内全部回ってみたりして。うふふふっ。

    あと、仕事そのものの分業化進められないものなんでしょうか。
    特に教育事務、集金は基本、振込にすべきです。督促は事務セクション、それも各学校というより、本庁事務として行うべきです。それこそ外部委託してもいいと思います。

    躾については、家でしかできないこと、学校でしか出来ないこともあると思いますので、まず、年度初めに各学校で躾についての考え方、方針を保護者を集めてきちんと丁寧に全体説明、文書配布する必要があります。
    各都道府県や文部省で、ある程度規則化したテキストブックを作って、これは家庭でお願いしたいこと、これは学校でやること、絶対守っていただきたいことですってことで入学時に配布してもいいかもしれません。

    ということで、あっ、野球だ野球。
    うさぎーずって、ぐっちーさんがおっしゃられるように、ケーススタディとして最適の球団ですね。マジやらかしてくれます。ホント、笑えるレベルです。
    長くなったかもしれませんので、ちょっと寝てから別欄にしますね。

  12. 下北のねこ より:
    ワーストトレード

    ジャイアンツの今シーズンの最終戦、相川選手の引退試合ですが、吉川選手、宇佐見選手といった若手選手をいいタイミングで思いっきり活用し、最後は慶応大学出身の山本選手の満塁ホームランで決めたとても見応えある試合でした。
    こういう采配をもっと早くやっていれば少なくともCSは行けたはずです。

    今年のジャイアンツの敗因は陽・坂本・阿部・長野といった打てなくなった選手を打つようになることを期待して使い続け、結局、打てなかったことに尽きます。野村克也さんは、これらの選手が活躍しなければ勝てないとテレビで言ってましたが、不振に陥った選手を入れ替えずに使い続けたこと自体が間違いだと思います。だから、長期の連敗に陥ったり、最後望みをかけた試合でもやっぱりチャンスに打てませんでした。
    陽岱鋼とか不調時に早めに二軍に落とせばギャレットも使えたのに。気の毒としか言いようがないです。

    昔、阿部選手がクライマックスシリーズで「自分が打てなければ巨人は負ける」という類の球史に残る大迷言吐いてましたが、いやあ~ホントその通りにしてしまってるのは見事なもんです。責任追及が怖くて敗因分析がきちんとされていないんでしょうね。

    推測でしかないですが、読売巨人軍だけじゃなく、読売グループ全体の企業体質として、失敗すること、躓きに対して評価が、それこそ取り返しが利かないレベルでとても厳しいところがあるんじゃないかと思います。
    だから、読売新聞からの天下りが動かしているフロントにおいては問題は先送りされ、失地回復が成功するまで同じ手法が繰り返されるんじゃないでしょうか。
    バレンティン&ゲレーロ?、今度はマギーを無効化するつもりでしょうか?

    ちなみに、ハムに行った太田選手とうさぎに来た石川選手は実力を発揮できる活躍の場が出来て本当に良かったと思いますが、トレードとしては、お互いに本来、本当に必要な選手を出して戦力を落としてしまった、最悪のトレードだと個人的には思います。
    太田選手は、本来、もう外野の一角でレギュラーになってなければならない選手ですし、日本ハムは生え抜きで先発ローテーションの吉川投手を出したことで勝ち星がそのまま減少しました。大谷選手の故障もあり、前年度優勝チームなのにもう単純に計算上最初からダメ。
    勝ち星計算外の斎藤佑樹出してれば、お互いHappy\(^o^)/でよかったのに。
    ジャイアンツは欲しがってたんだから。
    ハムさんフロントも、シーズン途中から、毎年の優勝狙ってるわけじゃないとか、妙なアナウンスをマスコミに流して、責任回避、さらに言い訳を補強するように生え抜きの谷元投手やメンドーサ投手を放出。フロントの体質がうさぎさんと似てるのかもしれませんね。

    関係ないけど、最近の日本球界、バイオテクノロジーが行き過ぎレベル、神の領域に達してますね。広島東洋カープのようにカピバラを投手にしたところもあれば、パンダを監督にまで仕立て上げるとこもありますね。ベンチではほとんど表情を変えませんし、しゃべってもいません。私が思うに熊猫を監督に据えたところで、負けが決まっていたのではないでしょうか。(冗談です)
    阪神にもパンダがいると聞いたのですが、誰なんだろう。

  13. 空の財布 より:
    平和なニッポン

    銃の問題もなければ難民の問題もない。
    だからこんなに平和に政党ごっこをやってることが可能。
    政権交代が、、、ありゃりゃ、、、安倍政権交代に、、、そりゃいつかは変わるがな…苦笑。
    党内では私の名前以外は書かせませんの女帝、この党がいつまで存続するかの話になってきそうですね…。
    前原氏は、、、なんなんでしょうねえ…(溜池、もとい、溜息…)
    かんべえ氏の溜池通信、10/3はさすがの内容でした。

  14. 今年は両リーグ優勝チームが凄かった より:
    ちゃんと勉強せな

    なんで陽岱鋼を二軍に落としたらギャレットを使えるんだwww
    知識が浅いのに偉そうに書いたらあかん。

  15. エンゾ より:
    面白い話を!

    広島市の教頭会でドラゴンフライの社長の講話があったそうです。
    彼女曰く「こちらはマネジメントの話を聴けると思ったらバスケの話ばかり

  16. エンゾ より:
    続き

    途中で切れちゃったようです。
    彼女はマネジメントと話などを聴けると思ってたので熟睡したそうです(笑)

  17. 下北のねこ より:
    野球協約(今年は両リーグ優勝チームが凄かったさんへのレス)

    陽岱鋼選手、日本の高校出身で外国人枠の該当外だったんですね。
    勉強不足でした。すいません。

  18. 空の財布 より:
    土曜日

    1)ドラゴンフライ社長さん
    落合氏がたぶん日本シリーズ優勝時の事と思いますが、地元の講演会で同様にオレ流で白けたという報道を思い出しました。

    2)ラミレス監督と田中将大投手
    ラミレス氏が選手で活躍した、日本に来た背景には、大リーグで英語が不得手だと選手の輪に入りにくい、疎外感を感じるという観測記事がありましたが…。
    田中投手も下手な英語ならいっそ喋らないほうが、と思っているのか?

    3)国会議員
    で、この人たち。
    英語教育に国が熱心に取り組もうとしている時に、今後の首相は喋れるが必要条件になってくるのでは?
    で、女帝がなぜあれだけハッタリかませることが出来るのかと考えた時に、性格は勿論ですが、英語が喋れる⇒外人と張り合える⇒やっぱ私でしょう!⇒日本人なんてちょろいちょろい…(最大限の憶測につき、真偽の程は知らず)。
    で、喋れない人は総理候補にはなりえない時代が…⇒当たり前のこととも思えますが、になるのでは?

    4)公約
    ≒選挙前のどうでもいい文字列、ということがよく分かりました…。

  19. F.Nakajima より:
    そんなことを書いていていいのだろうか

    たった2年連続優勝したぐらいで我が世の春が永遠に続くかのような書き方はいかがなものでしょうかね。

    どこのチームもピークを保っていられるのは6年が限界。まず選手がピークを越える。昔に比べて選手寿命は伸びたけどそれは15勝投手が10勝に落ちてから投げられる期間が長くなったというだけで、15勝の期間は必ずしも伸びているわけではない。

    で、年棒で破綻を迎える。大体どこも勝ち続けるとここで大変になるわけです。

    広島が現在のペースでいつまでサラリーを賄えることができるか、見物ですな。

  20. 下北のねこ より:
    広島東洋カープ日本一!

    えーと、二軍の話です。
    イースタンとウエスタンの話。読売ジャイアンツとだったんですが。
    なんか、試合内容、チームの中身が今年の一軍の試合とほとんど変わらない感じ。

    若手が活躍するカープ、二軍でもベテラン中心のジャイアンツ。
    試合内容は全般的にジャイアンツペースなんですが、ベテラン投手陣が打たれ始めたら止まらないで大量失点。二軍がこれでは来年も厳しそう。
    しかし、ジャイアンツって、二軍の顔ぶれが豪華。日本一にはなれなかったけど、優勝するのは当たり前の編成。
    ただ、上手く説明できないですけど、どっちもベテランで入れ替え難しいんだろうなあ。ベテランが固定されちゃうと、若手のチャンスを消すし、哀しいけど、新陳代謝必要です。
    カープは、今年一軍で見た選手も多く、二軍も含めての競争状態だって感じを強く受けました。一軍だけじゃなく二軍も活性化してたのも強さの秘密だと思います。

    しかしジャイアンツの岡本くん、二軍では本当にいつもよく打つけど、なんで一軍でああいうバッティング出来ないんでしょうね。
    ジャイアンツって、スカウトの眼悪くないと思うし、いい選手獲っていてなんか伸びないのが不思議。

  21. ぐっちー本人 より:
    カープ

    カープが25年間優勝できなかった間でもカープファンは存在していました(みなさんに無視されてましたが)。たまたまメディアが取り上げたのでそういう風に思われるかもしれませんが、少なくとも私は勝ったからすごい、とは思っておらず、結果として勝ったものを分析しているだけです。

    ワタクシの著作にもカープコーナーが必ずありますよ。まずはワタクシの書いたものを読んでから批判する、というのが基本系だと思いますけどね・・・

    下北のねこさん
    いつも毎度です。岡本選手も、わが堂林選手も同様で、2軍だと打てるんですよ(笑)。何がどう違うのか、恐らく環境なんだと思います。太田選手が日ハムに行ったら大活躍したような、ああいうことが起きるのではないかな。堂林もそろそろ名古屋に返してあげたらどうなんだろう、と思う今日この頃。意外に活躍するんじゃないかな?

    と多くのカープファンは思っております。
    最初の使い方が間違ったような気がしますね。

  22. 空の財布 より:
    最初の…

    堂林選手をウイキペディアで見ても何のことか分かりませんでしたが、それはよいとして、ロッテのお役御免になった京都大学卒業選手、中日の落合氏強硬指名背番号負け芽が出ない選手、周囲のアフタケアが不十分、ひょっとすると周囲も色眼鏡で見てて精神的に追い込まれる?本人がそれを撥ね退けれないのが、と言っても、そんなに皆強いやつばっかりじゃないよ、と、やはりその時のコーチとか、運に左右されるところも多いのでは?
    一日に最初のレギュラーで出てくるのは(9+10)×6=114名
    ほとんどは脱落していく過酷な世界なんですよね…。

  23. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    ひとこといいでしょうか

    東洋経済の記事も、こちらも
    同じ方がコメントをしているとしか思えません。

    だいたい、誰かは想像つきますけどね

    キャラ設定をもう少し
    綿密にしたほうがよろしいか、と

  24. oda_susi より:
    銀杏を炭火焼きに、日本酒ちびちび

    自宅で銀杏を炭火焼きして、日本酒をちびちび。
    こんな時の日本酒は、澄んだタイプより雑味の旨味タイプがおすすめ。
    越乃寒梅なんか、よろしいです。

    大した外出もしてないが、こんな三連休もいいもんです。

  25. えせ道民 より:
    吉川光夫大田泰示

     ファイターズの今年の低迷なのですが、吉川石川-大田公文は良いトレードだったと思います。
     吉川も去年の後半は先発ローテ外れて、中継ぎ抑えもNG。まさに壁に当てっていてトレードで外に出すべき人材。今年のジャイアンツでの成績みても、残っていたとしてもローテの中心ではイケてない存在です。
     それより、大谷はともかく、投手の柱で行かないといけないはずの有原が、めいっぱい悩んでしまったのと、高梨も悩んだこと。打者で行くと、大谷はともかく、近藤のヘルニアでの離脱が痛いです。あそこまで打って勝負避けられる打者が交流戦以降離脱しての7月のファイターズの成績がそのまま。
     大田は1年調子よくも悪く、痛いのかゆいのも乗り越えてスタメンで規定打席。来年の成績で真価を問われると思います。
     やっぱり、野球は面白いです。日本ハムでいうと、地味な飯山裕志の引退試合で3万5千ですから、みな見ているし、捨てたもんでもないですね。私も大谷の最終戦より飯山裕志の引退試合選んだ口です。

  26. 下北のねこ より:
    レスの悦び

    ぐっちー様、人柄の温かみを感じられるレスありがとうございます。
    堂林選手、個人的には女性脳というか、女の子のような繊細さを感じます。いろいろ細かいことにこだわったり、気になっちゃったり、満足できなかったりするタイプじゃないでしょうか。周りもなんとかしてあげたいと思うようないい子だとは思います。
    名古屋だったら、いいかもしれませんね。

    ちなみに昨日、結構嬉しかったのは今年は両リーグ優勝チームが凄かったさんの私へのレスです。それで高卒ルーキーは外国人枠の適用外なるってこと知ったこと。この歳になると、自分の理解できるレベルの新しいことってほとんどないです。私にとって知ることって、心がワクワクする快感です。
    だから、ぐっちーさんや溜池通信、konanさん(ハイレベル、頭が熱くなりますが)やJDさん、ベルドンさんのコラムが好きです。
    子どもの頃、中学校くらいまでは、頭の中が脳が暴走して、いつもうるさい感じだったんですが、最近は静かです。うるさかった時期に勉強をしとけば違う人生だったんだなって、心から思います。
    勉強してこなかった私にとって、理解できる範囲の新しい知識ってとっても嬉しかったですよ。

    えせ道民さん、ちなみに、私は今日、仙台に大谷くん(と赤見内銀次)を見に行ってきました。有原くんよかったですよ。終わり良ければ全て良しってわけには行かないけど、来年は期待できるんじゃないでしょうか。
    吉川投手については、去年の後半が悪かっただけです。普通は生え抜きローテーションピッチャーをあの程度で放出は考えないと思います。ただ、ピンチで平常心をやや失いやすく、そうすると腕に力がはいっちゃう方だなあって感じます。ウサギさんチームでおかしくなったのは、鳥ちゃんへのデッドボールです。あの精神的動揺が尾を引いたんだと思います。
    その後、登板しても結果に対する焦りとかで熱くなってたんでしょう。
    球に力があるだけに、もったいないなあって思います。阪神の藤浪くんと同種の悩みですね。

    ちなみに、大田くんは本当によかったですね。石川くんもよかったです。
    大田くんは、ポジション的には陽岱鋼選手、能力的には糸井選手クラスの後釜として、今年の日本ハムに本当に求められてた選手だったのが良かったと思います。必要だから使われる。良いパターンです。
    ポジションがチームリーダーの金子誠選手と重複して、出番が少なかった二岡選手の悲劇の逆パターンです。

    石川くんがウサギさんチームで活躍できたのは、彼もうさぎさんだからです。あの顔といい、因幡の白兎やカチカチ山のうさぎさんのような性格。しかもインドア派。(うさぎさんって、神経質で結構飼うの難しいです。)
    ワセダの白ウサギの斎藤佑樹くんも読売ラピッツだったら、プライドを保ちながら活躍できるのではないでしょうか。
    ソフトバンクの松坂投手と、日ハムの斎藤投手の処遇はなんか責任問題になるのを回避する感じなんだろうなあって、思ってしまいます。

    こういうときにこそフロントって、ぐっちーさんが堂林選手に感じてたり、ジャイアンツの前のGMの堤辰佳が矢野選手や大田選手に見せた活躍ができる場に「出してあげる優しさ」が必要なんだろうと思います。
    KO脳って、パンチドランカーじゃなく、そういう仲間に対する理知的な優しさを感じます。大学でそういうのが身につくのかって、個人的には普通ねえだろーって、思いますが、慶應義塾大学(褒めたいのであえて漢字)にはそういうところがあると思います。(身近にはいないんだけどね~。勉強をきちんとした妹の同級生には普通にいて、みんな成功してるし、仲いいみたい。)

    ファイターズといえば思いっきり関係ないけど、私の周りでというか、岩手のあっちこっちで話題になってるのは、大谷くんがどのアナウンサーと結婚するのかって話。メジャーにいくピッチャーって、みんな結婚してからいくじゃないですか。周りは同じ水沢出身ってことで、同級生だった久慈アナウンサー期待してるけど、ゲスな私は、昔東スポで日本ハム番だった、今AV女優のお姉ちゃんに張り、賭け金総取りすることを夢見てます。(こういうことだったら覚えていられる。)

  27. 今年は両リーグ優勝チームが凄かった より:
    下北のねこさんへ

    大変恥ずかしい書き込みをしてしまったと反省しています。
    顔の見えないネットでの投稿とはいえ、その向こう側に確かに相手がいることを忘れて良いわけがありません。
    不愉快な思いをさせてしまった事心よりお詫び申し上げます。

  28. 下北のねこ より:
    今年は両リーグ優勝チームが凄かった 様

    わたし全然、「不愉快な思い」はしてませんよ。ヽ(;´Д`)ノオロオロ
    本当に嬉しかったんです。

    基本的に私、得意技は「知ったかぶり」です。
    だから、今年は両リーグ優勝チームが凄かったさんやベルドンさんのように知ってる方から見ればきちんとボロが出ます。
    だけど、わたしにとってはそれが気持ちいいんです。

    こういう専門家のインターネット掲示板の特性ですが、私のように勉強をほとんどしてこなかった有象無象の輩でも、トップクラスの学歴、職種のみなさんとお話をし、相手にしてもらうことができます。
    すごい時代になったもんだと思います。実際、逢うはずも話せるはずもない方々ですから。

    今年は両リーグ優勝チームが凄かったさんに相手をしてもらったことは私にとって刺激になりましたし、調子にのるのも多い自分を見直すことも出来ましたし、新しい話の種を仕入れることも出来て、プラスばっかりでとって嬉しいことでしたよ。

    だから、気にしないでくださいね。
    失礼、無礼、欠礼が得意技の私ですが、これからもよろしくお願いします。
    (これらは自慢しちゃダメですね。反省)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。