プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2021/08/13 09:00  | 選挙 |  コメント(0)

自民党の候補者調整 ~ 派閥の代理戦争 ~ (13) 志帥会 vs. ガネーシャの会(神奈川4区)後編


菅内閣 「支持」29% 内閣発足以降最低を更新 「不支持」52%(8/10付NHK)
各党の支持率は NHK世論調査(8/10付NHK)

菅内閣の支持率が、発足以来最低を更新しました。政治家自身の「肌感覚」に近いとして、永田町でも信頼度が高いNHKの調査で29%にまで落ち込んでいます。

NHKと同じ8/7-9に世論調査を実施した朝日新聞では28%、読売新聞でも35%と、いずれも過去最低を更新しています。また、自民党の政党支持率は33.4%で、先月から1.5ポイント下落しています。

内閣支持率と与党の支持率の合計が50を切ると政権維持が困難になるという「青木の法則」(下記記事参照)に従えば、菅内閣が依然として不安定な状態にあると言えます。

「自民党の候補者調整 〜 派閥の代理戦争 〜(11)志帥会 vs. 平成研(北海道7区)後編」(7/20)

菅義偉総理は、オリンピックの成功とワクチン接種の推進によって支持率を回復し、その勢いで解散総選挙に打って出るというシナリオを描いていたとされています。しかし、その通りにはなりませんでした。こうなると、仮にコロナの感染拡大がある程度止まったとしても、それが支持率を上げることにつながらないのではないかという気さえします。

寧ろ、記者会見での噛み合わない受け答え、広島の平和記念式典での原稿読み飛ばし、長崎の同式典への遅刻など、更に有権者の支持を失いそうなことばかりが目についてしまいます。

さて、ここからが本題です。今回は神奈川4区の後編です。前編は以下の記事をご参照下さい。

・「自民党の候補者調整 〜 派閥の代理戦争 〜(12)志帥会 vs. ガネーシャの会(神奈川4区)前編」(8/4)

***********
自民党の候補者調整 ~ 派閥の代理戦争 ~(13)志帥会 vs. ガネーシャの会(神奈川4区)後編
***********

前編では、山本朋広氏と浅尾慶一郎氏が、それぞれどのような経緯で神奈川4区で立候補するに至ったのかを振り返りました。加えて、過去に神奈川4区を地盤としていたプレイヤーとして異彩を放つ長島一由氏にも触れてみました。

※ここからはメルマガ(有料版)での解説となります。目次は以下の通りです。

●漂流するサラブレッド
●比例復活当選が続く議員の処遇
●どちらも崖っぷち
●続々引退表明

次回以降も、次期衆院選の選挙区事情を取り上げて行きます。

メルマガ「永田町ディープスロート」を購読するためにはご登録のお手続きが必要です。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。