ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2012/04/11 00:00  | 来日公演 |  コメント(0)

ロイヤル・フランダース・フィル公演の魅力 (1)これはお買い得!

 グッチーポストでいよいよコンサート・チケットの販売とのこと、いいですね!
 これは、ぐっちーさん主催のコンサートに向けての第一歩でしょうか?! 今後の展開も期待してしまいます。
 さて、ロイヤル・フランダース・フィルの公演については、前回ご紹介しましたが、この機会に改めて、何回かに渡ってその聴きどころなどをご紹介したいと思います。

 今回の公演は、ぐっちーさんもいろいろ指摘されているように聴きどころが多いのですが、その前にまず注目したのが、S席1万円という料金設定です。ヨーロッパのオーケストラ公演でこれはかなり安い。
 もちろん、オーケストラあるいは指揮者やソリストの人気度/グレードによって、料金は違ってきます。S席でみれば、ベルリン・フィル・クラスなら4万円くらい、オランダのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ならソリストなしで2万5千円くらい、というのが過去の料金。今年の公演で見れば、6月のパーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団(ヒラリー・ハーンがソリスト)で1万8千円。プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団(樫本大進がソリスト)だと1万5千円となっています。
 指揮者、外国人ソリストに100名のオーケストラ関係者をヨーロッパから招く場合、航空運賃、交通費、楽器運搬費、滞在費、そしてもちろんギャラで、かなりの金額になります(非常に細かい話ですが、チェロ奏者が飛行機に乗る場合、楽器(=チェロ)だけで1席分余計に料金がかかります!)。たくさん公演回数があるならともかく、4?5回の来日公演でS席=1万円では、確実にペイしないはずです。
 では、どうしてこの金額が可能なのか。公演のチラシを見ても「後援:ベルギー大使館」としか書かれていませんが、おそらく、ベルギー王国あるいはフランダース(フランドル)に関連した組織/団体から何らかの助成等があるのではないでしょうか。このオーケストラが、「フランダース文化大使」という肩書きを持っていることからもそれが推察されます。助成等によって抑えられた費用を、日本のマネジメント側の判断で聴衆に還元した(=料金を安く抑えた)のでしょう。肝心の演奏は聴きどころ満載ですから、これを利用しない手はありません。

 次回は、このオーケストラの魅力についてご紹介します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。