ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2015/04/11 23:30  | 音楽事情 |  コメント(1)

「ハイレゾ」~音楽鑑賞の現在(1)

 2011年3月の当欄で、「PCオーディオ」「ネットオーディオ」についてご紹介する、と書いておきながら、長い年月が過ぎてしまいました。あれから4年と1カ月を経た現在、音楽愛好家/関係者の間では「ハイレゾ」という言葉が市民権を得つつあり、入門書・ガイド本なども多数出版されるに至っています。
 これから数回に渡り、この「ハイレゾ」とその周辺をご紹介しながら、昨今の音楽鑑賞について改めて考えてみたいと思います。

 実はあと数時間後、ベルリンの現地時間の本日4月11日午後7時(日本時間4月12日午前2時)より、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルの演奏会が、高音質でライヴ配信されるのですが、これは「ハイレゾ~音楽鑑賞の現在」を考える上での鍵となる重要な「実証実験」のイベントであり、音楽関係者からも注目を集めています。

 演目は、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」。鑑賞にはインターネットのブロードバンドにつながったパソコンと、特定のUSB-DAC(USB接続のデジタル→アナログ変換機器)、ヘッドフォンまたはスピーカー+アンプが必要となります。ご自宅に該当する機器をお持ちの方はぜひ高音質(DSD 5.6MHz)によるライヴ配信をご体験ください。

 いま機器が揃わなくても、4月19日24時(日本時間)まではオンデマンド配信されるそうなので、1週間以内に準備が整えば高音質体験が可能です。

 ライヴ配信の詳細は、「DSD LIVE Streaming」のウェブサイトに情報がありますので、ご覧ください。

 演目については、ベルリン・フィルの音楽配信関連のページをご参照ください。

 私も、これから指定の機器を接続して準備を始めますので、本日はこれで失礼いたします!

One comment on “「ハイレゾ」~音楽鑑賞の現在(1)
  1. いがいが より:
    続きは・・・

    ハイレゾ、結構気になるので続きをお願いします。
    場合によってはCD売り払わないと。。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。