ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2013/06/01 06:27  | 来日公演 |  コメント(1)

レクイエム、永遠の安息を

 ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団&コレギウム・ヴォカーレによるモーツァルト、いよいよ来週5日の福岡を皮切りに日本公演がスタートします。チケットは残りわずかのようですね。

 今回の公演では、「レクイエム」が注目されますが、そもそも「レクイエム」とは何か、少しだけ書いてみます。

 音楽作品としてよく聴かれているレクイエムには、ご存知のように古典派ではモーツァルト、ロマン派ではヴェルディ、近代ではフォーレなど、様々な作曲家の作品があります。本来「レクイエム」とは、カトリック教会の死者のためのミサ/ミサ曲のことで、演奏会用の作品だったわけではありません。儀式の中の一部である音楽を組曲のようにまとめたのが、コンサートやCDで聴かれる「レクイエム」ということになります。さらに歌詞には、数百年歌い続けられた「中世的」な恐ろしい内容も含まれていますが、現在行われている典礼では取り除かれていますので、本来の典礼、現代的なキリスト教を理解をする上では、このあたりを考慮しておく必要があるでしょう。
 ただ、このような恐ろしい箇所ですら「モーツァルトの音楽は聴く者に至福を味わわせてくれる」という音楽学者もおり、それには私も納得します。

 冒頭「Requiem aeternam dona eis, Domine(永遠の安息を彼らにお与えください、主よ)」で始まるレクイエムを聴く方々の想いは様々でしょう。ぐっちーさんのように「これを聞くたびに東北を思い出す」方、死を通して「永遠のいのち」について考える方も多いのではないかと拝察します。様々な想いが交錯する中、ヘレヴェッヘの奏でるモーツァルトの音楽が、心を平安へと導き、豊かなひとときをもたらしてくれるのではないか、と私は思っております。

チケットのお求めはコチラから

One comment on “レクイエム、永遠の安息を
  1. ミラースティルペッククレヴェンジャー より:
    シャンゼリゼではなくロイヤルフランダースを聴いてみた

    ヘレヴェッへ・ロイヤルフランダースのベートーベン交響曲を聴いて予習しましたが、エド・デ・ワールト指揮のときのような豊かな響きとは違い、なんともピンとこないしコツンときません。まあレクイエムは相性がいいと思うので期待しましょう。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。

ページトップへ

本ホームページに掲載されている事項(以下「情報」といいます)については、以下の点を十分ご理解ください。

  1. 情報の欠落・誤謬、情報を信用した取引等、情報提供に関して生じた損害について、一切その責任を負いません。
  2. 情報の正確性および完全性について、なんら保証または約束するものではありません。
  3. 情報は予告無く変更・廃止することがあります。
  4. 情報の提供は投資の勧誘を目的としたものではありません。
  5. 投資の決定は、あくまでもお客様ご自身の判断と責任でおこなってください。

情報の著作権は、原則として、ブロガーである情報提供者に帰属します。許諾無く複製、再配信、ウェブサイトへ掲載等することはできません。
本サイトからリンク等で移動したページについては、The Gucci Postの管理サイトとは異なる場合がありますので、十分ご注意ください。

Copyright 2009 GucciPost All Rights Reserved.