ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/07/17 00:00  | 今週の動き |  コメント(6)

今週の動き(7/17~23)

DCに一週間滞在した後、NYに移動しました。

DCは過密スケジュールでしたが何とか乗り切りました。これからまとめるのが大変ですが・・

先週の動きです。

7/9(日)
NYタイムズが、ドナルド・トランプ・ジュニア氏は大統領選中、ヒラリー・クリントン氏に不利な情報を約束され、ロシア政府とつながりのあるロシア人弁護士と会談していたと報道

7/10(月)
イラク首相が「イスラム国」に勝利宣言
・日米印合同海上軍事演習(インド洋ベンガル湾)

7/13(木)
米仏首脳会談(パリ)

7/14(金)
トランプ大統領が仏革命記念日のパレード出席(パリ)

●ロシアゲート

NYタイムズの爆弾報道が出て、すぐにトランプ・ジュニアがEメールを公開、それが報道のとおりの事実を示すことになり、再びロシアゲートで激しく揺れる状況になりました。

トランプ・ジュニアの行為が違法である可能性は極めて高く、そうであれば道徳・倫理を超えたステージに入ることになり、極めて重大な問題といえます。

もっとも、これにトランプ自身が関与していたのかどうかは別の問題であり、トランプ・ジュニアのあまりにも不注意で馬鹿げた言動を見ていると、かえって組織的な陰謀はなかったのでは・・という推測にも傾きます。

また、現地では、この騒動にはうんざりという空気が漂っています。もちろんモラー特別検察官の捜査は続いていますが、こうした一つ一つの動きを追っても仕方ないという「疲れ」にも似た感覚が共有されている感があります。

メディア、特にCNNをはじめとするテレビメディアの執拗な政権攻撃にも批判的な目が向けられています。これは追って詳しく書きます。

今週の動きです。

7/19(水)
米中包括経済対話(ワシントンDC)

7/20(木)
・ECB定例理事会
・トランプ政権発足から半年

●米中関係

米中関係は今回のDC訪問でも色々な関係者から意見を聞きましたが、現地での感覚は日本での報道とずいぶん異なります。追って書きます。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

6 comments on “今週の動き(7/17~23)
  1. Zucci より:
    おつかれさまです

    米中関係について、またトランプ報道についても、現地の生の声、また中枢にいらっしゃる方の捉え方など、ぜひぜひ教えてください。

    日本も、メディアによる「安倍叩き」について「またか」という疲れに似た空気が漂っているような気もしますが、アメリカにおけるトランプ報道も同じなのでしょうか。

    興味深く続編を楽しみにしております!

  2. ペルドン より:
    やはり・・

    お坊ちゃま・・
    普通は・・間にプロを挟む・・
    トランプの家・・見てなかった・! 見てれば息子ももっと賢くなったのに・・

    CNN等のひどさ・・間引いて観るのに疲れ申した・・
    JDのメルマガだけ・・熱読する事にした・・
    米中関係米韓関係・・興味増々ある・・( ^ω^)・・・(笑

  3. カマキリマン より:
    CNNがまたしても

    ロシアゲートに証拠はないが視聴率がいいネタだからやっている・・・とCNN記者が裏で発言していた件が暴露されていましたが・・・
    今度は、トランプのツイートしたgif動画をもともとredditに投稿していた人物の身元をCNNが特定して、謝罪に追い込んだという件がトランプ支持者の間で「祭り」状態になっていましたね。
    CNNによる全体主義政治が始まった!CNNに喧嘩を売ったら吊し上げを食らうのか?と。

    それにしても政府がそもそも機能していないかのようなトランプ政権。
    それでも40%の支持率は絶対確保というのは、どれほど強固な支持なのか。
    この断固支持姿勢というのは、金成記者の「トランプ王国をゆく」などで頭では理解できても、「それでもこれほどまでか?」と驚きを感じてしまいます。

  4. 下北のねこ より:
    バランス感覚

    アメリカって、物事の結果に影響するレベルでバランス感覚が機械的っていいくらいに出てるように見えます。トランプ大統領が勝ったのはともかく、議会選挙で共和党が大勝したのは、トランプさんが負けると踏んだバランス感覚の産物だと思いますし、今もトランプさんは叩かれ続けてるから、もういい加減にしろよみたいな感じになってきてもおかしくないのでは?

  5. 下北のねこ より:
    インドの大統領

    最下層カーストの不可触民出身の大統領が生まれそうって、話題になってますね。いいことだと思いますが、制度的にプラスの変化がこれから出るかどうかってことと、最下層カーストから大統領まで成れるシステムに興味がわきます。

  6. 牧神の午後 より:
    奇跡は起きず

    repeal & replaceは、上院で死んでしまいました。

    合掌

    トランプ政権は、ほんとにピンチですよね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。