ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2010/03/19 16:30  | 言いたい放題 |  コメント(3)

少年の大志はどこへ行った

ハーバード大学の学長さんが訪日され、記者会見や鳩山首相にも面会されたそうだ。 小さな記事だったので見逃されがちだが、その小さな記事は僕には大きなショックだった。

 かねてより日本の子供たちの「引き篭り」や「しらけ」が話題となっているが、ますます引っ込みつつあるようで、何と今年のハーバード大学に日本の子供はたった一人しか入学しなかったらしい。
 学長さんは「日本の学生は留学するより日本の大学に通った方が将来的に有利と考えているようだ」とも発言されたそうだが、こんなことでいいのだろうか。

 2050年には世界の人口は90億人になるのに対して、日本の人口は一億人を割る。人口の比率でパーティをやれば90人のなかに日本人はひとり。そんなパーティーで日本しか知らなくて大丈夫かと、そぞろ心配になるのだが、若い人たちは今にしか関心がないのだろうか。
 日本からの留学生が減るなかで、韓国や中国からの留学生は増えていると学長さんは心配してくれているようだが、もっと日本も心配すべきだろう。

交通標語に「狭い日本 そんなに急いで何処へ行く」と、スピードの出し過ぎを諌めるものがあったが、その通りで日本は狭い。
 しかしその狭い日本にも大気汚染やインフルエンザなどは、世界中からアッと言う間に押し寄せてくる。外国の事情も知らずにどうやって生き残っていくつもりなのだろうか。
 いまは幸い若者たちの親がそこそこ稼いで貯めているだろうから、のんびり「引き篭り」や「内向き指向」でやっていけるだろうが、何れ親はいなくなり貯えも底をつく。競争社会は厭らしいが、こちらの事情なんてお構いなく世界は変わっていくし、目をギラギラさせた若者は世界のどこからでも出てくる。

人生は三万日(82歳と50日)とよく言われるが、人間に与えられた時間は有限である。せめて限られた時間の中味を濃くしたいと考えて欲しいのだが、若い人たちは永遠に若さが続き、親も死なずに働いて養ってくれると考えているのかも知れないが、そんな夢みたいな話などあるわけもない。

またぞろ週刊誌などは東大合格者出身校ランキングに血道をあげているが、世界の大学も入れてみたらどうだ。ついでに日本の大学の世界でのランキングも載せる時だろう。各国の有名大学の日本人合格者リストでもいい。

そういえば2年ほど前に友人の息子がスタンフォード大学のMBAコースに留学した。 在学中に司法試験に受かるほどの大秀才だが、その後日本の弁護士事務所に勤めた。しかしこれからはやはり世界を知らなくてはとスタンフォードに留学したら日本人はたった3人だったとか。彼の父親もスフォード大学のMBAだが、父親の時代には日本からの留学生は20人を超えていたことを考えると昔日の感がある。

 北大を創設したあのクラーク博士の「少年よ大志を抱け」に子供心に大いに触発されたものだが、どうやら大志などという言葉もいまの日本では死語になり、小康に甘んじるのが主流になったようだ。アメリカの大学は日本と異なり独自のポリシーで学生を入れる傾向がある。昔ならとても入れなかったハーバードなど難関校が日本人不足で困っているなら、逆張りでいまは狙い目ではないだろうか。
しかも昔とは異なり奨学金制度も内外で増えているはずだから、大志とまでは言わないが、日本人留学生不足をチャンスに変えてみるぐらいの志があってもいいのではと、つい苦労に苦労を重ねた貧しい留学生だった身としてはそう思うのだが、無いものねだりだろうか。

ちなみにこれまでハーバード大を卒業した日本人は累計で約3000人とか。また80年代には日本人の教授も広中さんを始め各科で頑張っていた。
衣食足りて礼節を忘れ、チャンレンジすることも忘れてしまったようで寂しい限りである。日本の存在感がどんどん薄れていく姿はこうしたことにもよく表れているようだ。

3 comments on “少年の大志はどこへ行った
  1. ぺルドン より:
    ・・どこにいった?

    Boys, be  ambitious
    like this old  man!

    同じクラークのこの言葉の方が・・

    米国のみならず欧州に出かけたAmbitiousの中に、
    ゆらぎ理論のハト宰相もおられた・・学位も取られた・・

    ゆらぎは理念と申される。
    右頬を左手で、左頬を右手でぶたれる・・確かに脳は揺らぐ・・理論物理だ・・キリストの崇高な理念でもある。

    デルフォイの神殿入り口の柱には
    「汝自身を知れ」
    とあり・・
    反対側の柱には
    「汝、度を越すなかれ」
    と彫られている。

    我等一同・・度を越すなかれ・・なのでしょう・・

    ambitiousは若くて魅力的な女性を見た時・・沸き立つ言葉と・・ぐっちーさんはいつも申しております・・・

  2. かざしも より:
    英語もべらんめえ調だったのだろうか?

    政治家を目指す青年だけは強制的に留学して頂きたいです、全額国費で賄ってもいいくらいで。ホワイトハウスで発言録に「聴取不能」と書かれたり、国際会議で一人だけ通訳のお世話になったりと、いくら他人でも情けない。正直なところ何もかもグローバル化に結びつける論調は古いものや個性の切り捨てになりがちで危険だなと思うのですが、海外でのコミュニケーション能力も磨かずに国政を目指すという行為自体が無責任に映る時代でもあります。どうしても通訳が必要であればぐっちー氏を推挙したいです、ホワイトハウスででも一暴れして頂ければさぞかし。
    若者が海外へ出て異国の文化を学ぶのも、良いものがあれば受け入れるのも大いに結構だと思いますが、その大志の根底に故郷を愛する心はあって欲しい、などとも思います。

  3. あっちー&こっちー より:
    真のエリート教育

    今の政治家を見て、そう思いませんか?
    東大、京大、早稲田、慶応、よくもまあ、これだけ出来の悪い奴を集めたもんだと。
    アメリカ、中国、東南アジア、どことくっつくかはさておいて、それぞれの国と信頼関係を結べる政治家を養成する学校がいるのでは。
    外務省は評価出来ないが、財務省はとやかく言われながら、また、天下りは評価出来ないが、それなりの存在意義はあるのでしょう、アホな政治家よりは数段マシ。
    国会議員数は100名に。
    給料は5000万円、1億円でもよい。
    なにせ、つまらんお笑いに1億円払うバカな経営者もいるのだから、政治家にはそれ以上払っても文句はないだろう。
    (同じタイトルで投稿してれば、先程のは削除願います、途中で電話が入ってきたので)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。