プロが語る国際政治・経済・金融の最前線!

The Gucci Post [国際政治・経済・金融 × プロフェッショナル]

世界情勢ブリーフィング
米大統領選まで1週間

■ 【米大統領選2020】 パンデミック対策や差別、汚職などで論戦 最後の討論会(10月23日付BBC)
■ 【米大統領選2020】 最後の討論会をファクトチェック(10月23日付BBC)

大統領選まで残すところあと1週間になりました。11月3日の投開票日では決まらない可能性も高いですが、ともかくも米国民の審判は下されます。

トランプ大統領とバイデン前副大統領は先週も激戦州を連日訪問。トランプはネバダ、アリゾナ、ペンシルバニア、ノースカロライナ、フロリダ、オハイオ、ウィスコンシン、バイデンはノースカロライナ、デラウェア、ペンシルバニアを訪問しました。トランプは土曜にフロリダで期日前投票

続きを読む

経済 ZAP !!
第48号 米住宅市場の活況

新型コロナウイルスの感染拡大が欧米を中心に再び猛威をふるっています。ワクチン開発についても、想定されていたことではありますが一進一退で、今年はどのような年末年始になるのか、想像がつきません。

日本も、GoToキャンペーンで人が出歩きやすい環境になってきたからなのか、なかなか新規感染者数は減る様子がありません。企業の中には、業績悪化に伴う経営方針の見直しを行うところも出てきており、来年以降の国内の環境変化には注意が必要でしょう。

さて、皆さま、枝豆「小糸在来」はもう召し上がりましたか?茹でている時の香りの豊かさ、食べた時に広がる豆の甘味と、程よい触感・・・、もう、手が止まらぬ美味さでした

続きを読む

世界情勢ブリーフィング
今週の動き(10/25~31) 米大統領候補TV討論会、米経済対策、中国輸出管理法、菅首相の初外遊

先週は久しぶりに好天の日が続きました。しかしもう10月も終わり、さすがに寒くなってきそうです。平日は5時台に起きているのですが、週末は7時まで目が覚めないときも多くなりました(笑)。

4月のコロナの緊急事態宣言から外にいる時間が減り、季節の変化にも疎くなりました。とりあえず今年いっぱいは仕方ありませんね。来年できるだけ早い時期に事態が落ち着き、国外への移動含め、以前に近い状態に戻ることを願うのみです。それまでは、今の環境でやれることを尽くしたいと思います。

***********
先週の動き
***********

続きを読む

新・CRUのひとり言
Vol.77: 日銀の金融システムレポート

今回は22日に公表された日銀の金融システムレポートを取り上げます。内閣府月例経済報告も23日に公表されましたが、日銀金融政策決定会合・展望レポートと合わせ次回紹介します。

この金融システムレポート、旧ひとり言の頃から毎回紹介してきました。当時は金融庁が金融行政方針を公表していなかったので、日本の当局が公表する唯一の金融システムに関するレポートの位置付けでした。金融行政方針公表後も、金融庁対比の分析能力の高さが示される内容です。なお、毎年4月、10月と2回公表されます。

今回は何といってもコロナ禍の影響に注目が集まりました。日銀に先立ち、英米欧やIMFもコロナ禍の影響を探るレポートやスト

続きを読む

世界情勢ブリーフィング
合理的思考とインテリジェンス
本日は読者の方からの質問に回答します。ずいぶん前のことになってしまいますが、以下の質問をメールでいただきました。 >日本時間の今朝(18年11月6日)の貴配信メルマガの中の未来予想をする上での留意点として、 >(1)正確で重要な事実、 続きを読む
ぐっちーさんの 金持ちまっしぐら
えだまめ
編集部の磯部です。 小糸在来、いよいよみなさまのお手元に届きはじめたようで、多くの反響を頂いております。 おかげさまで発送作業は大忙しの様子で、宮本農業さんの嬉しい悲鳴がこちらまで届いております(笑) 毎年のことながら、この枝豆が楽し 続きを読む
世界情勢ブリーフィング
米大統領選まで2週間
■ 【米大統領選2020】 2人別々の対話集会で違い鮮明、トランプ氏は陰謀論否定せず(10月16日付BBC) ■ 米大衆紙のバイデン親子記事、SNSが表示制限 ツイッターCEOは自社対応批判(10月16日付BBC) ■ Smoking- 続きを読む
経済 ZAP !!
第47号 強弱入り乱れる米経済統計
新型コロナの緊急事態宣言が行われた4月と比較して、人口の移動が大きく拡大しているようです。都内で言えば、上野や浅草では、30%、多い時には60%近く人口の流入が増加しています。1月2月の感染拡大以前と比べると、同エリアでも、まだ3割近く 続きを読む
新・CRUのひとり言
Vol.76: IMF世界経済見通し
今回は13日に公表されたIMF(国際通貨基金)世界経済見通しを取り上げます。IMFの旗艦レポートのひとつで、毎年4月と10月に大々的に公表され、その間に簡単にアップデートされます。つまり年4回IMFの経済見通しが公表される訳です。前回は 続きを読む
世界情勢ブリーフィング
今週の動き(10/18~24) トランプ・バイデンTV対決、ハンター・バイデン、米経済対策、米最高裁判事、英・EU、タイ抗議デモ、NZ選挙、日米豪印
東京もずいぶん寒くなってきましたね。冬が近づいてきたことを感じます。今年もあと2か月半。早いものですね。 コロナから米大統領選、日本では安倍政権の退陣もあり、後世から振り返ると2020年は歴史的な1年だったと言われるのでしょう(といっ 続きを読む
1 2 3 4 5 6 355