ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/12/07 05:46  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

RBA副総裁、金融緩和示唆?!

おはようございます。

昨日、RBA副総裁Guy Debelle氏が、講演会の中で豪銀行による貸し出し抑制は経済を更に悪化させると警戒感を示しました。 主な内容は以下の通りです。

(1) 豪経済が、今後、景気後退局面に入るようであれば、RBAは政策金利を引き下げ、他の中央銀行が行ったように市場から国債を買い取る量的緩和も視野に入れた道を開くことになるであろう。

(2) 現在、豪銀行の貸し出し抑制によって不動産借り入れが減少しているが、このことが経済を失速させるリスクがある。

これまでRBAは、繰り返し「将来的に政策金利の変更があるとすれば、それは引き下げではなく引き上げである」と述べてきましたが、今回、初めて景気動向次第では政策金利の引き下げもあり得ることを市場に発信した事で市場は驚きをもって受け止めました。為替市場では、豪ドルは他通貨対比で売られています。 

背景には、ここにきて足元の景気指標が悪化していることがあります。特に、住宅価格が下落し、これに関連した建築着工許可件数が減少し、今週発表された2018年第3四半期のGDPが第2四半期の年率3.4%から2.8%に失速した事があります。

今回の彼の発言は、必要であれば、豪政府は財政出動をして国債を発行する余地があり、金融面でRBAは政策金利を引き下げ、更には国債を買い取る事で経済を下支える必要性があることを示しています。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。