プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

2009/09/14 06:42  | 日経平均 |  コメント(0)

日経平均914


=======================================
10,500円の上値は重く
=======================================

デイリー チャート

ボラティリティ チャート

1.前日の動き

週末の日経平均は、 海外市場で弱含んだことを受けて、前日の引け値と変わらない水準で寄り付きました(10,512円)。 その後は、寄り付き直後につけたその日の高値10,522円を上値として、揉み合いましたが、次第に売り物に押される展開となりました。午後も断続的に売りが続き、引け前にその日の安値10,407円まで値を下げました。 引けでは、買い戻されて10,400円台前半でとり引きを終えました。 
   
2.チャート分析

テクニカル分析:     
長期の指標は雲の上にあり、強気を支持しています。 中期の指標は強気を支持から中立に転換しています。 目先の強弱を判断する線が10,454円にあって、 週末は、この線を挟んだ動きとなりました。(目先的な方向が定まりません)
 
サイクル分析:     
30−40日サイクルは、上図のように考えています。 この考えに従えば、8月中旬から始まった現在のサイクルは、8月末の10,700円台でサイクル高値をつけたようです。今後は、サイクルボトムの来る9月中旬から下旬にかけて下値模索をすることになります。 但し、前回の高値10,700円台を越えてくるようであれば、この考えを見直す必要が出てきます。

ボラティリティ分析:   
先週は、20日間のボラティリティも60日間のボラティリティも共に、並行して低下しました。 従って、この2つのボラティリティのかい離は、ほとんどありません。 この背景として考えられるのは、総じて10,000円近辺の取引が長く続いたこと、 値動き(値幅)が、長期にわたり小幅で動いてきたことが挙げられます。 現在のチャートからは、新しい動きの兆しは見えてきません。

3.今日の方針

結局、心理的な節目である10,500円は、重かったようです。

方針1:  10,250円の買いを10,450円で利益を確定しました。
方針2:  押し目買いの目標は、10,250円です。 9,900円を切ってくるようであれば損切りします。
追撃ポイント:  前回の高値10,700円を超えてくるようであれば追撃の買いを検討します。

クロコダイル通信は2019年12月末日をもって連載終了となります。
現在有料版にはお申し込みいただけませんのでご了承ください。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。