ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2010/02/01 00:11  | ペンタゴン チャート |  コメント(0)

ペンタゴン チャート(ユーロ/米ドル)201

=======================================
 新しい 弱気ペンタゴン入り
=======================================
ペンタゴン チャート

1.ペンタゴン チャート分析

このペンタゴン チャートの基準は、2008年11月の1.23ドル台と2008年12月の1.47ドル台を基準に作成しました。

現在のペンタゴンはトーヘに接するペンタゴンの中で推移しています。 
ペンタゴン分析では、まず大事なことは、前のペンタゴンとどの角度(アングル)で接するかがとても重要になります(詳しくは、別途、機会を設けて御説明させていただきます)。 上図をご覧の通り、ヘートの線は、右下がりのアングルに接しており、基本的には、ユーロは、米ドルに対して弱気です。

次に、このペンタゴンの外周の辺へーリーヌールートが重要になります。 値段がこの外周線で抑えられたり、支持されることが良く見られます。 

そして、その次に重要な線は、このペンタゴンの5角形を結んだ線、ヘーヌ、ヘール、トーリ、トーヌ、ルーーリの線です。これらの線沿って、上昇したり、下落したりすることが良くあります。 上図のペンタゴンの中では、現在の相場はこのペンタゴンの対角線の一つトーリに沿って急落している様子が良く見えます。

そして、最後に、補助的な線、上図の場合では、トから3本、ヘから3本、それぞれ引かれています。この線は、例えば、頂点トから、対辺リーヌ対して、中点、そして、辺の0.382、および、0.618の点に向かって引かれています。 どうして、このような線を引くかと言えば、ペンタゴン チャートは、黄金分割で出来た図形だからです(詳しくは、別の機会でご説明します)。上図の場合では、トーヌに引いた補助線が上値抵抗線になり、へからトールに引いた補助線が相場の支持線になる可能性があります。

尚、「2.ペンタゴン チャート分析からわかること」及び、「3.ペンタゴン チャート分析から予想できること」につきましては有料サイトにてご覧いただけます。

2.ペンタゴン チャート分析からわかること

以上を踏まえて、ペンタゴン チャートからわかる現状を列挙します。

(1)ペンタゴンの基本アングルは、右下がりでユーロの中期的な弱気相場を示しています。

(2)ペンタゴンの外周を見ますと、現在の相場には直接関わってきていません。

(3)ペンタゴンの対角線から見ますと緩やかな右下がりの辺トーヌに沿って、急落しています。

(4)ペンタゴンの補助線からは、今後、上値抵抗線、あるいは下値支持線になりそうな線が見えます。

3.ペンタゴン チャート分析から予想できること

2の分析を踏まえて、考えられることは、

(1)ユーロは、米ドルに対して弱気アングルのペンタゴン入りをしている為、今後も弱気相場が続きそうです。

(2)特にペンタゴンの対角線の一つトーヌに沿って、急落しており、暴落の可能性もあります。

(3)一方で、ペンタゴンの頂点ヘから 対角辺トールに向かって引ける補助線が、相場を下支えする可能性があります。その場合、2月の中旬ごろの1.35ドル近辺となります。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

クロコダイル通信は12月末日をもって連載終了となります。
現在有料版にはお申し込みいただけませんのでご了承ください。

既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。