ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2010/01/15 06:20  | ユーロ/ドル |  コメント(0)

ユーロ/米ドル115

=======================================
一時、1.44ドル台半ばまで売られる
=======================================
デイリー チャート

ボラティリティ チャート

1.前日の動き

昨日のEURは1.45ドル台前半で寄り付き、東京時間は同水準で揉み合いました。ロンドンの寄り付きに瞬間的に買われてその日の高値1.4560ドルをつけましたが、その後はNY時間にかけて売られて下値を試す展開となりました。日付が替わった後にその日の安値1.4445ドルをつけた後は引けにかけて買い戻されて、現在は1.45ドル割れの水準で取引されています。      

2.チャート分析

テクニカル分析:   
長期の指標は雲の下限を下回っています(長期的に弱気)。中期の指標は弱気と中立の境目に位置しています。目先の強弱を判断する線は1.4498ドルにあって、昨日もこの水準を挟んだ攻防となりました。 価格的には1.45ドルを挟んで売り買いが激しく交錯しています。

サイクル分析:   
30−40日サイクルは上図のように考えています。 これは12月下旬の1.42ドルでサイクルボトムをつけて新しいサイクル入りをし、現在はサイクルの高値を模索中と考えています(目先の高値を越えて、1.45ドル台に乗せてきたため)

ボラティリティ分析: 
今週に入って、20日間のボラティリティは大きく反発した後、やや緩んできています。一方で、60日間のボラティリティはこれに反応する形で若干上昇しています。 このことはこれまでの揉み合い状態から新しいトレンドを形成する可能性を示唆しています(今回の場合はユーロ高か)。

3.今日の方針

目先の強弱を判断する線をしっかり越えるかどうかに注目したいと思います。

方針1:目先の強弱を判断する線をしっかり越えてくるようであれば基本方針は押し目買いです。
方針2:中立です。
追撃ポイント:特に考えていません

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。