ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/12/12 06:02  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

豪、12月の消費者信頼感指数は前月比1.9%下落

おはようございます。

昨日、民間のWestpacが発表した2019年12月の豪の消費者信頼感指数は前月比1.9%下落して、95.1ポイントでした。また、NABが発表した11月のビジネス信頼感指数は2ポイント下落してゼロでした。

今回の数字は、RBAが7月以降、3回に亘り政策金利を引き下げ、豪政府が7,7bnの所得税減税を行ったにも関わらず、消費者、経営者共に今後の景気に対して悲観的であることを示しています。

Westpacのチーフ エコノミストBill Evans氏は
(1) 消費者信頼感指数が悪いのは、第3四半期のGDPの消費支出の弱さを反映しており、第4四半期においても消費が悪化している事は明白である。

(2) 更に、驚いたことに、RBAによる政策金利の引き下げを、消費者は却って悲観的に捉えている点である(よほど景気が悪いのではないかと懸念している)。

(3) また、サブ インデックスである(電気製品やテレビなどの高額な)家庭用品を買う時期に関するサーベイでは2.1%下落して115.4ポイントとなり、過去の平均値である127ポイントを大きく下回っている。

(4) 更に、雇用に対する不安を示す指数では、2年半ぶりの高い水準になり、労働者は失業率が今後も上昇すると心配している。このことは、今後1年以上に亘り、雇用が減少し、失業率が上昇することを示唆している。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

クロコダイル通信は12月末日をもって連載終了となります。
現在有料版にはお申し込みいただけませんのでご了承ください。

既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。