ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/11/20 05:54  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

RBA、定例理事会議事録から

おはようございます。

昨日、11月5日に開催されたRBA定例理事会の議事録が公開されました。その主な内容は以下の通りです。

(1) 理事会メンバーは、今回のミーティングで政策金利を引き下げた場合、どういう影響があるかを検討した。その結果、最も妥当な政策は、これまで3回に亘り政策金利を引き下げた経済効果をじっくり検証する事が妥当であるとの結論に至った。また、今後、政策金利を引き下げる必要があると判断した際には、一段の政策金利を引き下げる事は可能である。

(2) 豪経済は、景気循環の転換期に差し掛かっている。2018年後半以降経済が悪化し、その後は一層の景気低迷を見た。今年に入っても景気回復は緩やかなものに留まっており、第3四半期の豪経済は殆ど上向いていない。

(3) 今後の経済見通しについては、2020年にかけては豪経済の成長率は2.75%程度に拡大し、2021年には3%になると見込んでいる。理由としては、RBAによる一連の金融緩和政策と、政府による減税、更には公共投資によって豪経済を下支え、更には、ここにきて住宅価格が上昇に転じた事、加えて、一部の鉱山関連産業の設備投資の動きがあるからである。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

有料版クロコダイル通信をご覧頂くにはご購読のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。