ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/11/15 06:00  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

豪、10月の失業率は5.3%に上昇

おはようございます。

昨日、ABS(オーストラリア統計局)が発表した10月の新規雇用者数は前月比19,000人減少し、失業率も季節調整後で前月の5.2%から0.1%上昇して5.3%となり、3年ぶりに悪い数字となっています。事前の市場関係者の予想は失業率が5.2%と前月比変わらずで、新規雇用者数が15,000人の増加でしたので予想よりも悪い数字となっています。また、労働参加率は前月の66.1%から66%と殆ど変っていません。にもかかわらず雇用が悪化している事に市場では驚きを以て捉えられています。

地域別では、シドニーのあるNSWで顕著に現れ、住宅建築の低迷によって今年1月の3.8%から4.8%に悪化しています。また、メルボルンのあるヴィクトリア州でも年初の4.5%から4.8%に上昇しています。

Westpac のエコノミストJustin Smirk氏は「現在の豪経済の問題は。雇用が失われているのではなくて、雇用創造が遅いことに問題がある」と指摘し、「我々としては、豪の失業率は来年半ばにかけて5.6%まで上昇していくと考えている」と述べています。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

クロコダイル通信は12月末日をもって連載終了となります。
現在有料版にはお申し込みいただけませんのでご了承ください。

既にお手続き済みの方はこちらからログインしてください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。