ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

ハゲタカの先を行く

 日本は何とも大した国である。もちろん優れているからと言う訳ではなく、精一杯の皮肉を込めての話だが、だって国の財政を預かっている財務省の大臣・副大臣の二人が一ヶ月足らずで二人も辞任したのに、それを傍目に株は上がっているし … 続きを読む

[ 2009/03/27 00:00 ] コメント(0)

因果は巡る

 いま自信を失い気味の日本の若い人たちが生まれた頃、つまりバブルが潰れるまでの1980年代の日本はやたら強かった。  「ジャパン アズ ナンバーワン」とアメリカの学者に持ち上げられ、株も土地も月給もボーナスもどんどん上が … 続きを読む

[ 2009/03/19 00:00 ] コメント(0)

中学生に教えられた

 参った!! と思わず唸りたくなるようなレポートに出会った。しかもその作者は中学2‾3年のチームだから、これで日本の将来も明るいのではないかと、久しぶりに感激も味わうことが出来た。  日経新聞と野村証券が毎年中・高・大学 … 続きを読む

[ 2009/03/16 00:00 ] コメント(0)

世論調査・この怪し気なもの

 「国民の7割は反対」と野党や世論調査はそう叫んでいたが、その定額給付金を日本で最初に貰った北国のお年寄りたちの嬉しそうな顔、ありがたいという言葉は聞けたが、わしゃいらんという人はいなかった。  きっとこの村には世論調査 … 続きを読む

[ 2009/03/06 00:00 ] コメント(0)

与謝野さん、ちょっと古いのでは

 まずは永田町のジョークから。 「与謝野さんとはどんな人?」、答えは「与党と野党の間で謝ってばかりいる人」。  流石政治家の人たちはうまいことを言うものだ。  その与謝野さん、やっと株価対策を考え始めたようだ。いまや三つ … 続きを読む

[ 2009/02/27 00:00 ] コメント(0)

国益・国力・国富を考える時ではないのか

 今年もストックリーグの季節がきた。  ストックリーグとは日経新聞が主催し野村証券の後援で、全国の中学・高校・大学の学生たちによる投資のポートフォリオのレポートを募集し、最優秀レポートとして表彰されたチームはニューヨーク … 続きを読む

[ 2009/02/19 00:00 ] コメント(0)

さてどうするオバマさん

 金融安定化(救済)法案がいきなり難航し、オバマ政権はスタート早々苦しい場面となった。  財務長官となったガイトナー案は「バッドバンク」を設立し、不良債権をそこに棚上げして分離しようというプランだったが、思いがけぬ世論の … 続きを読む

[ 2009/02/12 00:00 ] コメント(0)

金持ちはカネを働かせろ

 講演や原稿のテーマとして、いつも頭の中に入れタイトルとしてきた言葉が「大変な時代」。この「大変」を用いだしてからもう15年にもなる。大変とは文字通り大きく変わること、日常自分や日本を取り巻いている環境が変わらなければ「 … 続きを読む

[ 2009/02/06 00:00 ] コメント(0)

潜水艦ニッポン

 急降下することを英語では「ノーズ ダイブ」という表現がある。まるで鼻の形のように下へと一直線に下がることなのだが、最近送られてくるチャートを見ていると、その角度の物凄さに改めてこの言葉を思い出す。  潜水艦にたとえれば … 続きを読む

[ 2009/01/29 00:00 ] コメント(0)

ハゲタカはどこに行った

 「責めたくせ いまじゃハゲタカが懐かしい」と思わず句でもひねりたくなるほど、シーンとした世の中になってきた。聞こえてくるのは「創業以来の赤字」とか「ポンド市場初の安値」などなど、まるで不景気のデパートばかりが軒を連ねて … 続きを読む

[ 2009/01/23 00:00 ] コメント(0)