ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/10/10 06:05  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

豪、第2四半期の新規住宅着工件数は前期比+1.1%

おはようございます。

昨日、ABS(オーストラリア統計局)が発表した2019年第2四半期の住宅着工件数は前期比で+1.1%でした。今回の数字は2017年第4四半期以来、初めて前期比上昇となりましたが、それでも前年同期比では-20%に留まっています。

Housing Industry Australia(全豪住宅協会)のチーフ エコノミストTim Reardon氏は
(1) 今回の驚くほどの改善は、これまでの下落傾向を今後は緩和させていくことになるだろう。しかし、足元の中古住宅の改善は失速してきており、まだ足取りがしっかりしていない。具体的にはシドニーのあるNSWや西オーストラリアでは、マンションなどの集合住宅が21%の増加であるが、中古住宅は2013年第4四半期以来の水準に留まっている。

(2) 過去18か月の建築業界の低迷が、豪GDPの足を引っ張ってきた。ここにきて新規住宅建築の案件が出てきているが、業界全体の底入れ感はまだ確認できない。季節調整後で新規案件が2019年第1四半期に前期比で1%増加したが、第2四半期は前期比で5.5%下落している。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。