ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2019/08/16 05:56  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

豪、第2四半期の賃金は前期比+0.6%

おはようございます。

昨日、ABS(オーストラリア統計局)が発表した2019年第2四半期の豪の賃金は、季節調整後で前期比+0.6%で年率換算+2.3%でした。 内訳としては、民間の賃金が前期比+0.5%で前年同期比+2.3%でした。一方で公務員は前期比+0.8%で前年同期比+2.6%でした。

地域別では、メルボルンのあるビクトリア州で前年同期比+2.9%と高い伸びを示しましたが、西オーストラリア州では前年同期比+1.6%と低迷しています。

市場関係者は、今回の賃金上昇は、公務員の賃金上昇によって事前の市場関係者の予想を上回ったが、民間の賃金上昇は低位で推移しており、RBAは更なる政策金利を引き下げてGDPを金融面から押し上げ、労働市場の緩みを払拭することを期待しています。

BIS Oxford のエコノミストSarah Hunter氏は「今回のデータから、政策金利の引き下げだけで労働市場の緩みを吸収し、更に賃金上昇させるには限界があるとのRBAの見方が正しいことを示している」とコメントし、「その上で一層の政策金利の引き下げが必要であり、2020年前半には政策金利は0.75%まで低下するであろう」との見方を示しています。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。