プロが語る世界情勢・政治・経済金融の最前線!

The Gucci Post [世界情勢・政治・経済金融 × プロフェッショナル]

話題沸騰のぐっちー編集長の著書!


【内容紹介】
わたしたちの国を殺すのは、誰だ!?

学校教育、人口減少の加速から
地域再生・地方創生策まで、現代の日本が抱える闇に光を見出す、
ニッポンが“生きる”ための、その衝撃の内容とは!?

【内容紹介】

面白くて簡単に日本経済再生の論点がつかめて、読んだその日から政治経済ニュースの見え方が一変する、「ザ・対談」が実現しました! 財務省から地方自治体まで役人のどこが問題か、マスコミ報道にはどんなバイアスがかかっているのかが明らかになります。
本当に消費税を上げないと財政破たんしてしまうのか? なぜ多くの地方再生が苦戦しているのか? 規制緩和はなぜ進まないのか? そもそも円高がいいのか円安がいいのか? 少子高齢化は本当に悪いことばかりなのか?
アベノミクスは失敗なのか、そうでないのか? そしてトランプ大統領のアメリカとどう付き合えばよいのか?
日本経済の底力を知り、役人の限界を知る二人が、時に真っ向対決、時に知恵を出し合い、近未来を大胆かつ華麗に予測しました。
ぐっちーさんは、トランプ大統領の窮地を救った過去があり、高橋センセイは安倍首相の絶頂とどん底時代に付き合っており、日米トップをよく知っています。経済知識と具体的提案と話芸の共演、必読です!
 


 【内容紹介】
 円の価値下落、官製株式相場の危うさ、中国や欧州の経済減速など、テーマごとに解説。アエラ連載に大幅に加筆して再構成する。リスクへの対処法、本当にいま求められている成長への処方箋も描き出す。巻末には浜矩子氏との対談つき。 
 
 
 
    
【内容紹介】
 アメリカがキングならば日本はプリンセス、いや、“深窓の令嬢”だ! 「日本経済が危ない」って本当?いいえ、そんなことありません。日本の国民性、国債、為替、株、アメリカとの関係……今さら聞けない金融の基礎知識から、一握りの者のみぞ知る経済の真実まで。鋭く明快なぐっちー節が今作も光る! 【目次】 第1章、ニッポンの国力を正しく測ると 第2章、日本国債は強くて美しいのだ 第3章、これが日本YENの実態です。 第4章、日本株&米国株で儲けるには? 第5章、日本にとって良いことだらけの米国経済 第6章、ワタクシの経済・金融「新思想」を少々
 
 
 
丸善本店ビジネス書ランキング2位!
    
 
 
【内容紹介】
 バブルか暴落か? 脱デフレ後の日本経済と世界の行方を 今一番ヤバい面々が大胆に読み解く! 人生が変わる経済の読み方 
 
 
【本書の主な内容】
 アベノミクスはバブルを起こせないと失敗 不動産を上げることがアベノミクスの出口になる 女性の労働力を掘り起こすことで、もう一回労働力のボーナスを作れる 中国の大都市圏の物件は手金で買っているので、中国バブルは崩壊しにくい 10年続いた新興国バブルの後、もう一度先進国の時代がやってくる 日本国債はバーゼルIIIが実現でもしない限り暴落しない 観光産業は日本の有望な経営資源 カジノは関西経済復興の起爆剤になる 本当にヤバイ中国経済 2010年に潮目は変わった! 願望と未来予測がゴッチャになる韓国に経済危機到来!? 「付加価値」ではなく「希少価値」で勝負してしまうロシア人 ウラジオストックと新潟をパイプラインで結べ インドネシア経済が崩れたらアジアの一大事 接待して翌日注文をもらう金融業界の営業 長期金利が2%を超えてきたら資産運用を見直せ 医療保険はいらない金融商品の代表 
 
 
【著者について】
 
 山口 正洋(ヤマグチ マサヒロ)
 経済評論家 丸紅を退社後、1986年モルガン・スタン レーなど欧米の金融機関を経て、ブティックの投資銀行を開設。「ぐっちーさん」のペンネームでブログを中心に活躍。2007年アルファブロガー・アワード受賞。主な著書として、『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』(東邦出版)『ぐっちーさんの本当は凄い日本経済入門』(東洋経済)など。
 
 山崎 元(ヤマザキ ハジメ)
 経済評論家 経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員。一橋大学商学部国際経営戦略研究科非常勤講師。専門分野は、ファンドマネジメント及びコンサルティングなどの資産運用分野。最近のヒット作として、『超簡単 お金の運用術』(朝日新聞出版)など。
 
吉崎 達彦(ヨシザキ タツヒコ)
双日総合研究所取締役副所長 1984年に一橋大学社会学部を卒業し、総合商社日商岩井(現双日)に入社。同社調査・環境部、『トレードピア』編集長を経て、現在、株式会社双日総合研究所取締役副所長・同チーフエコノミスト。「溜池通信」を発行。話題作として『オバマは世界を救えるか』(新潮社)など。  
 
 
 
 
 

大好評発売中!

 
   

日本経済ここだけの話(朝日新聞出版)

【内容紹介】
AERAで好評連載中の「ぐっちーさん ここだけの話」待望の書籍化。
アベノミクスに半信半疑なあなたへおくる「ここだけの話」が満載です。
池上彰、榊原英資、押切もえ各氏との特別対談も収録。

「どうしたら本物を見分けられるのか」
「どうしたら本物の経済状況を見抜けるのか」
この本は、巷には全く出ていない「自己防衛専門」、まさに「自衛隊」の発想に基づいて、
皆さんの命の次に大切なお金をどうやって「魔の手」から逃していくか、
ということを心から考えて書いた本です(「はじめに」から抜粋)。

政府もひどいがメディアもひどい
皆さんは本当に円安を喜べますか?
破綻しているのはむしろ財務省
税収を増やすにはアップルを生めばいい
ルイ・ヴィトン、エルメスから学ぶ
「坂の下の雲」を探しましょう
日本ブランドは世界の垂涎の的
岩手・紫波町の町おこしはなぜ年間90万人も集められたのか

【目次】
第1章 メディアも評論家もウソつきだらけ
特別対談1アベノミクスとメディア陰謀論――池上彰×ぐっちー
第2章 「強い通貨」を持ってはいけない?
特別対談2通貨があんまり安くなるとまずいぞ――榊原英資×ぐっちー
第3章 日本の財政に増税は必要ない
第4章 アジア経済を読み解くコツ
特別対談3これから先、何に投資すればいいの? ――押切もえ×ぐっちー
第5章 日本企業が生き残る道
第6章 日本再生=地方再生 これが処方箋だ

[dot.] 日本の個人投資家は「情報弱者」 ぐっちーさんが緊急アドバイス(外部リンク)  

5万部突破の第2弾!

  

 
本当は凄い日本経済入門(東洋経済新報社)

【内容紹介】
2013年 円安、アベノミクス、シェールガス革命・・・
日本とアメリカが大復活!?
そんな、どこにも書かれていない経済、本当の話が
盛りだくさんの内容です。
また、本書では冒頭論文を始めとして、
書き下ろし、一般には未公開の原稿も含まれており、
有料メルマガの読者にも楽しめる内容になっています。

【目次】
第1章 アメリカ経済編
第2章 中国経済編
第3章 欧州経済編
第4章 投資編
第5章 日本経済編①
第6章 日本経済編②

 

10万部突破の大ベストセラー!

  


なぜ日本経済は世界最強と言われるのか(東邦出版)

【内容紹介】
世界中が「ここ10年の勝者は日本」と断言する理由
日本人だけが知らない、日本経済の底力と魅力
ブログやメールマガジンで支持を集め、『AERA』、『SPA! 』での連載も好評の
投資銀行家・ぐっちーさんによる堂々のデビュー作!!

丸紅、モルガン・スタンレー、ABNアムロ、ベアー・スターンズなどを渡り歩き、
内外から金融・経済を見つめてきた著者が明かす日本経済の嘘と真実!

・求められているのは、グローバルな視点ではなく極めて日本的な価値観
・日本の財政は100%安全
・企業の国外脱出は円高が原因ではない
・円高がなんら悪くない決定的データ
・日本なしでは世界は回らない
・政府債務のGDP比は、本当はアメリカより低い
・「借金を返せ! 」といわれるはずのない日本
・日本の年金は破綻しない・・・・・・AIJ問題とともに
・消えた年金の正体
・日本は恒常的経常赤字国に転落する・・・・・・という新聞の嘘
・日本は製造業の国ではない
・中国に金融政策なんて存在しない
・それでもあなたは中国に行きますか?
・米中首脳会談の裏側から両国関係を読む
・苦境に立つ韓国経済
・韓国経済を生かすも殺すも日本次第
ほか

【目次】
第1章 2013年、日はまた昇る
第2章 世界最強通貨・円(YEN)
第3章 世界一安全な日本国債の威力
第4章 日本の投信、年金、株の真実とマスコミの嘘
第5章 中国バブル崩壊 韓国の生殺与奪権
第6章 日本神話、いまだ健在

 

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。