ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/12/08 10:09  | コラム |  コメント(1)

性的器官はいかに進化したか⑥

我々は子孫を残す為・・進化の為・sexは当然の行為として認識しているが・・生憎とsexlessで繁栄している種族はごまんといる。効率の高さだけを求めたら・・sexlessの方が効率よく適応する。
では・・何の為に我々sex族がsexするかと言えば・・学者にもこの謎がよく解けないらしい。学者の間では・・sexの歓びは・有効な勘定には入らないらしい。

ただ学問から選択された理由として二つ挙げられているのは・・
①寄生生物を出し抜く・
②DNAから有害な突然変異を排除する為の方法として・・
sex進化したという見解が・生物学者から出されている。この見解は仮説なのか明確ではない。

明確ではないが・・
とするとsexの快楽は・その為の御褒美となるらしい。
御褒美としては悪くない。sexが苦痛に満ちたものだったら・・どんな崇高な目的があったとしても・・人間の協力も・哺乳類の協賛も得られないだろう。これは現場から上に上げられたのか・上から現場に下ろされたものかは不明だが。

クローン社会よりも有性生殖社会の方が・・広範囲である現象から考えて・何か明確な理由がある筈だと学者達は考え・首を捻っているが・まだ解答は得られていない。sexは難解なのです。

もし人類がクローン生産を採用すれば・・イブ・クローンが大量生産される。これは強みだが・・
寄生生物に突破されたら・・防壁も同一だから崩壊し・蔓延状態になって全滅する。
有性生殖社会は・・多様性を誇り・防壁も多様だ。どこかは生き残れる計算になる。
でありますから・・我々は意義を知っても知らなくとも・sexにふけるのであります。

何故なら・・寄生生物達も負けずに急速に・・進化する。彼等に負けない為には・・一歩先を制する必要がある。つまり・・のべつ幕無し・・寸暇を惜しんでsexをやりまくって・絶えず遺伝子を組み替え続ける必要がある。寄生生物仮説では・・「赤の女王」仮説と呼ばれているそうです。

アリスの不思議な国から引用されているそうです。
アリスに「この国では同じ処に留まる為には・・全速力で走らなければいけない」
生卵よりもバイアグラを飲み・・全速力で走らなければならない・・その目的の為なら早漏でも叶う。勲章モノなのです。

sexのメリットには・・魅力的な説が応援する。
sexはDNAに蓄積したエラーを排除する巧妙な方法だとする説だ。
sexによってDNAがコピーされる際・・コードの何文字かが不正確に読み取られ・コピーの中に誤って取り込まれる可能性が・僅かながら生じる。

このスペルミスは無害の場合もあるが・・有益な場合もあるが・大抵は遺伝子を台無しにしてしまう。それが娘から孫へと蓄積されていく。遺伝子の健全性を全体として劣化していく。
つまり受胎告知は天使が事前に教えてくれるものではなく・・卵子と精子の結合は偶然に決まる。
神のお意志で決まる説も有力だったが・・最近では顧みられなくなっている。

偶然あるいは神の意志によって・・エラーを多く受け継ぐモノと・全くエラーを受け継がないモノが生まれる。受け継いだ遺伝子のエラーが少ないモノは・・他の個体に比べ適応度が高いので生存出来る。最悪の遺伝的欠陥を持てば排除される仕組みだ。

この二つの説を巡って・・学者間の論争は続き・決着をみていない。我々は決着がつく間も・・
無為に待つわけにはいかないので・・気兼ねなくsexをし続ける以外ないし・学者での結論が出てもsexを中断する必要は・・全くないと思う・・・ ( ^ω^)

One comment on “性的器官はいかに進化したか⑥
  1. おののののか より:
    快感 選択

    馬の種付けを見ると、早漏なんてものではない。準備段階もそれほどとは思われない。やはり交尾期の本能か。あれではエクスタシーが与えられているとは思えない。自慰もそうだから、今のところ、人間とチンパンジーにしか確認されない。人間の脳波はあの時どうなるのだろうか。てんかんと似てくるのか。だがこれは人間の見方に過ぎないな。実物に聞いてみないと。笑

    ネコの交尾期は騒ぎだ。メスの拒否権が強いのか、儀式なのか。だがやはり行為は短い。駆け引きが長いという事か。拒否権は選択肢を狭めるな。魚のように外で大量の卵子に、大量の精子をかければ進化の可能性の選択肢は多い。だが生存率は低い。sexはそこに至るまでの選択を既に行っているということかもしれない。快感はそのご褒美か。それにより固体の生存率は上がる。

    父系社会に成れば生物の選択肢は極度に落ちる。文明社会ということでもあるから、ストレスも高まる。日中韓もこれから少子化だ。生命力は落ちるということだな。まあ人類は増えすぎたから減るべきなんだろうが・・。何事にもピークとバランスは必要か。笑 人類は地球の癌細胞ともいわれるが、増えた酸素を使い、減り続ける炭素を燃やすために、遣わされた種族なのでは。二酸化炭素は確かに温暖化効果が多大だが、すっかり少なくなってしまったらしい。笑

    馬の場合は擬牝台 となる。最新式の擬牝台 を観ても・・これでは種馬君が可哀そうではないかとなるが・一回蠢動させるだけで片が付く・ウルトラ早漏とか。雄の種馬だと・・どんなに懸賞稼ぎしても・童貞のまま一生終わるのか・?

    スペインの闘牛の場合・・獰猛で勇敢さで・闘牛場から生きて出られた闘牛は・・種牛として雌に囲まれるハーレム生活・・・
    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。