ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/12/05 11:47  | コラム |  コメント(7)

高いか安いかマッカラン60年物

クリスティーズで・・
マッカラン60年物のウイスキーが・一億七千万円で落札され・評判になっている。そりゃマッカランは・・美味いシングル・ウイスキーだと思う。

1926年物がシェリー樽から・・86年にボトル詰めされた。ボトルされた時点で熟成は止まる。
60年物を飲んでいないのだから・・まず何も言えない。ぐっちーだって何も言えない筈だ。一本しか現代の処存していない筈だが・・この価格ニュースが世界中に流れたのだから・二本目がクリスティーズやサザビーに登場するかも知れない。
とあれ・・
ヨダレを口に溜めながら・・アレコレ忖度してみる。

60年物の次はマッカランの30年物で・・これは手に入る。値段は69万8000円で高いが・・100万円には届かない。飲んだ経験があるのは・・失礼・思い出した。

17年物。夜の弁護士さん事務所。
係争中だったので・打ち合わせ。エスプレッソマシーンを持ち込み・こいつを垂らそうとしたら・・弁護士さんに分捕られた。コーヒーに垂らす酒じゃないって。言われてみればそうかも知れないと・ストレートで飲んだあの麿やかさは絶品と思えた。

でもディリーなら12年物で6000円前後だ。
それでも素性の良さを感じさせられるウイスキーで・・ウイスキー党ならこれで満足したかも知れない。
マッカラン30年物も飲んでみたいと思う。思うが70万していては・手も足も出ない。

だが・・シングルモルトではないが・ヴランタイン30年物なら飲んだことがある。
チビチビとストレートで2本飲んだ。2万5000円程度で入手出来る。マッカラン30年物を一本開けるのなら・・バランタイン30年物を30数本空けた方がいい・・と考えるのは・マッカラン30年物を知らないヤツの戯言と言われるかも知れない。

だったら・・60年物を飲んでみろと言いたい。言いたいが迫力はない。
ロマネ・コンテなら・・なんてワインは引き出さない。あくまでもウイスキーに関する愚痴なのだから。

ヴランタイン30年物を一緒に飲んでみたい女性は居る。
水割りが良いかもしれない。氷の玉にかけてスイスイ飲んでみたい女性は居る。多分二日酔いにはならない女性だろう。
処が・・
その女性はルイ13世に想い出があるらしく・・棚にひっそり飾る13世の洒落た瓶を見つめているとしたら・・それでも敢えて30年物ウイスキーを薦めるか・・財布が頓死してもルイ13世を薦めるか・男の器量が問われるわけだ。
しかしシングルではなく・ダブルで飲みたいと囁かれたら・・男はどうするんだろうなぁ・・
ぐっちーさん・どうしますか・?・??・・・
( ^ω^)

7 comments on “高いか安いかマッカラン60年物
  1. ぐっちー本人 より:
    私に振ってこられましたか(笑)

    私はマッカラン30年もの、ってやつは飲んだことがありますな。
    ソムリエは一応そういうのも全部知らなきゃいけないんですが、私にはどうもピンと来ませんね。でも80年代のアンリ・ジャイエとかで平気で200万位しちゃうので、十分価値ありそうですよね~。

    大体、ウィスキーにせよ、ブランデーにせよ、それが似合う女性と言うのに会ったことがないんですよね・・・それなりに妙齢な女性じゃなきゃだめですよね、多分。ジェームス・ボンドの上司のMみたいな感じですよね、きっと。

    私、若い子専門なんで(爆)、その意味ではちょっとお答えする立場にないですな~。若い女の子にボランジェがいいっす・・・

    早速名答・・ぐっちーさん有難う・!!

    それが若くも無いが・・年でもないという絶妙の年令・・
    僕は若い子は全くもって断絶どころか異星人どころか・曾孫の存在・・
    じゃ当分悩み続けましょう・・やっぱりシャンペンで誤魔化すか・・・( ^ω^)

  2. 健太 より:
    いいなあ

    酒、ワイン、ウイスキー。そのたの談義ができるひとはいい。
     <人をうらやむのは人として恥ずかしい事です>は福沢諭吉の教訓だが、それにしてもとおもうなあ。
    こちトラはコップいっぱいのビールでひっくり返る。さ俺の酒が飲めないかの世界を少ししっているが、その後の苦しさを考えると恐怖だった。
     食事とお酒は人生の大半だとはその時は思わなかったが、後年つくづく思った。子供には懇々と教えるぞと思ったが、教える知識がない。
    この手の領域は教養の範囲だから、学習して身につくものではないと思っている。
     まあ仕方がない。

    健太さん
    そうガックリせずに・・新しいチャンス探してみるか・・・
    ( ^ω^)

  3. ぐっちー本人 より:
    お言葉ですが・・・

    健太さん

    ぺルドンさんはどう思われているのかわかりませんが、ワタクシ、正直酒を飲まなかったら、今頃銀座にビル10件位もって、語学もあと3か国語くらいは軽く話せたんではないかな、と思います。

    これ、時間の無駄になることは確かで、酒飲みと言うのはそれを必要な無駄、とか言いかえる訳ですよ。正直、必要な無駄、なんてねーよな、と思います(笑)。酒を飲まずに済むならば、それが一番いいと思いますよ。お子様、良かったんじゃないですかね。

    お言葉ですが・・ぐっちーさん
    酒を飲まなくとも・・銀座のビルとはいきませんが・財布を空にすることは難なく出来ますよ・・・( ^ω^)

  4. なかのゆ より:
    マッカラン三十年

    サントリーの白州にあるバーで飲めましたが 今はどうでしょう?めちゃめちゃやすかったです

    なかのゆさん

    まさか・・30年前の話じゃないでしようね・・・
    めちゃめちゃ安かったのなら・・滅茶滅茶お得だった・・ただ・
    味を覚えてますか・?・・・( ^ω^)

  5. oda_susi より:
    マッカラン30年、いいなぁ。。。

    マッカランではないけど、ウイスキーはMAX45年物を飲んだことがあります。バーテンダーも中身を調べきれずに入手したようですが、常連客だけで殆ど飲んでしまいました。もはやアルコールではなく、心地よい樽の香りがする何かの液体ですが、多分もう飲めることは無い夢心地。

    一方で、コニャックは何故か簡単に、ウイスキーと比較すれば1/10以下の値段で手に入ってしまう。ポールジロー・ヘリテージ(50年)でも3万円程度。

    週末は久しぶりに、ぐっちー本読みながらチビチビやるか。。。。

    ポールジロー50年物で味付けしたというのでしょう。3万ならば飲み得ですね。ヘネシーextraは倍以上するし・・XOならその半分。XOも捨てがたい。
    無視されていますが・・カルバドスextra3万程度かな・目から鱗の
    良いリンゴ酒蒸留酒・・チャンスがあれば是非トライを・・・
    ( ^ω^)

  6. oda_susi より:
    はい( ^ω^)

    カルバドスは数えるほどしか飲んだことないので、トライしてみます( ^ω^)

    でももうこれ以上、コレクションは増やせない。。。

    oda_susiさん

    飲んで空にしましょう・・・( ^ω^)

  7. 健太 より:
    それでも

    レスありがとうございます。
     失ったものより酒で得たものの方がはるかにいいのではとおもいます。
    先日も、そこでは酒は飲まないといっていたが、うっかりジンジャーエールを飲んだら、このまま行くとカウンターに座っておられなくなると思い、あわてて帰りました、その後は<お酒飲めないねえ>で評価が定まりました。
     今はそれでいいですがこれからというときにそれではアウトでしたが、当時はそのようにはおもわなかった。
     食事とお酒が人生の大半です。練習をしたが少し間をおくと元の木阿弥で、さらにひどくなり、知人たちはそこでさらに飲む練習をといいましたが、あの苦しさは、生きるしぬかなら別ですが、もう降参でした。
     小企業でしたが外国へ行きましたがそこでもお酒と食事は重要な要素でした。
    日本では酔っ払いは許されるが外国では自己コントロールができないとなり、信用を失うとしっていましたから、飲みませんでした。
     無理に勧められることはなかったです。中共は違うようです。
    その時日本製品の信用度にはたまげました。その上二のかって。われわれのような小企業がいくことができました。ソニーの本社課長のほうが県知事より断然上でした。
    わが国は政治で持っているのでなく、産業で持っているとつくづくおもいました。
     深夜生産ラインの工夫をした人々のおかげです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。