ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/07/11 10:19  | コラム |  コメント(2)

ダーウィン進化論に対する遺伝子進化論か・?

大紀元7月5日
「ダーウィンの進化論を覆す? DNAの最新研究で分かったこと」
米ニューヨーク・ロックフェラー大学のマーク・ストークル氏(Mark Stoeckle)、スイス・バーゼル大学のデビッド・タラー(David Thaler)氏は共同で、アメリカの遺伝子データバンク(GenBank)にある10万種の生物種の DNA から抽出された、500万の遺伝子断片である「DNA バーコード」を徹底的に調査。
その結果、
ほとんどの動物がヒトとほぼ同時期に出現したことを示す証拠を発見。人間を含む現在地球上に存在する生命種の90%が10万〜20万年前に出現したことが明らかになった。
この結果の証拠とするのは、いわゆる「中立な遺伝子変異」にばらつきがなかったこと。

地球上に存在する生命のほとんどは10万年から20万年前に、ほぼ同時期に現れたとすると、それより以前に存在した生命は、何らかの災難により「一掃された」とする仮説も成り立つ。

今回の研究で分かったのは、「生物種には非常に明確な遺伝的境界があり、2つの間に位置する中間種は何もなかった」ということ。
ダーウィンが主張した「間にある生物種」が存在しないということは、つまり猿が人間に進化する過程の、いわゆる「猿人」も存在しないということになる」

人類進化学の専門誌「ヒューマン・エボリューション(Journal of Human Evolution)」に掲載された。

これは一大事だ。進化論が根底から揺さぶられる。
我々が猿人から進化してきた事は・・常識になっている。その猿人が存在しないとなると・・我々は最初から人類として・・存在していたことになる。
SFの世界になる。猿の惑星は存在しない事になる。神様は大洪水以外にも・・生物を根こそぎに全滅させたことになる。
タイムマシンで・・せめて声だけを過去に繋がせられるなら・・ダーウィン先生に聞かなくてはならない・・

もっとも豚児に言わせると・・
今インターネットで流行っている二ュースだが・元の論文は真面なものだが・それを切り取って・面白く・結論を歪曲させている記事だとの事だ。
だとしても・・
作家としてはインスピレーションを与えられる・・噂だ・・SFの種になる・・

勿論・・化石を基本とした進化論と・・遺伝子を基にする進化論とでは・・誤差が表出しても可笑しくない。その誤差に作家は・・知性・想像力を駆使し・棲みこむ人種ではある・・・洞穴でもやっていただろう・・・
プラトンが洞窟の比喩で語っているではないか・・・

( ^ω^)
追加・ Sweeping gene survey reveals new facets of evolution・参考・強い方

2 comments on “ダーウィン進化論に対する遺伝子進化論か・?
  1. oda_susi より:
    うなぎは億年前から、美味い

    億年前から存在し、フィリピン東で産まれ、稚魚の状態から故郷の河に戻ってくる日本の鰻も不思議な奴らです。

    ローマでも鰻の蒲焼は好評だったとか聞いたこともあるし(本当かは調べてない)、美味いものは1億年前から旨いのです

    いや、私達類人猿の味覚が1億年(10万〜20万年)前から変わっていないってことか?

    味覚というのも、生命の神秘なのです

    oda susiさん

    遺伝子かも知れませんよ・・神秘ではなく・手当たり次第に何でも
    食べた・・・( ^ω^)

  2. 健太 より:
    聖書

     聖書の記述がただしいということですね。 化石による進化論否定論を読んだとき、これは確かに、変だ。進化するなら、順次変化した化石があるはずだが、それがないとなろなあ。

    健太さん
    ミッシングリングは・・発掘され・繋がる可能性がまだまだあります。
    ( ^ω^)
     

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。