ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/06/09 09:13  | コラム |  コメント(0)

気になるAIニュース

米MIT、「サイコパス」アルゴリズムを開発 AIを活用
2018.06.08 CNN
「ニューヨーク(CNNMoney) 米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボは8日までに、人工知能(AI)を活用した「サイコパス」アルゴリズムを開発した。
アルゴリズムの名前は「ノーマン」。

MITの研究者はノーマンの訓練にあたり、
死者などに関する生々しい画像や動画の内容を説明する文章を使用。画像や動画は米掲示板サイト「レディット」の「最もダークな片隅」採用。

その上で、ロールシャッハ心理テスト・インクのしみに対してノーマンがどのように反応するか・・通常の訓練を受けた別のアルゴリズムの反応と比較。通常のアルゴリズムはインクのしみの中に花や結婚式のケーキを見いだしたが、ノーマンは人間が射殺されたり、車でひき殺されたりする様子を見て取ったという。

MITの研究チームはCNNMoneyの取材に、「ノーマンは画像に関する恐ろしい文章だけに接していたため、どのようなイメージを見ても死を連想してしまう」と説明した。

機械学習アルゴリズムに偏ったデータが使われ、AIが誤った方向に進んだ場合の危険性を物語っているという。
AIの善良さはデータ次第ということを示す例としては、
米マイクロソフトが2016年に公開したツイッターのチャットボット「Tay(テイ)」がある。マイクロソフトの広報担当は当時、テイについて社会的・文化的・技術的な実験と説明。しかしツイッターのユーザーがテイを挑発し、人種差別的で不適切な発言をするように仕向けた」

記事はここで切れているが・・人種差別的不適切な経験をAIがすると・人間と変わらない反応を示す事が予測出来る。
これは考え方によっては・・非常に怖い近未来を暗示しているのではないか・?
例えば・・AIロボット兵士に戦闘アルゴリズムを入れ・実戦の経験を積ますと・憎しみを込めて人間を攻撃するだろう。可能性ではなく・!
戦場ではなく・・市民的テロリストに憎しみのアルゴリズムソフトを入れられたAIロボットは・・過激なテロを平然と実行するだろう。テロ人間より効果的かつ冷酷にだ。

AIロボット兵士にも・・メンタル的な安らぎ・治療が必要として・各々一台に一匹の愛玩物犬を付け添わす必要が・冗談ではなく起こりえる。そんな時代が目前に来ているのは確からしい。AIは学習する。人間以上に。
これはとても恐怖なニュースだ・・・

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。