ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/06/08 19:47  | コラム |  コメント(3)

日米世論調査

言論NPOは、6月12日にシンガポールでの米朝首脳会談を前に、この米朝首脳会談に関する見方や北朝鮮の核問題の解決の見通し、さらには朝鮮半島の今後についての緊急の共同世論調査を日本とアメリカとの間で実施。

日本側の調査は言論NPOが実施、
全国の18歳以上の男女を対象に今年の5月19日から6月3日にかけて訪問留置回収法で行い、有効回収標本数は1000。
 
米国側は、今年の6月1日から5日にかけて米国メリーランド大学が米調査会社のパネル標本を基にインターネットにて調査を実施。
得られた標本は米国国勢調査に沿う形で、年齢、性別、所得、教育、人種、学歴、地域、支持政党によってウェイトバック集計を行った。有効回収標本数は1215。

「朝鮮半島の非核化に向けて決定的な成果が期待できる」日本6.2%、米国21.8%
「いくつかの問題について進展はあるが、非核化への成果にはつながらない」
日本52.2%、米国35.9%
「会談は失敗に終わるが、それによるダメージは限定的となる」日本10.2% 米国13.5%
「会談は失敗に終わり紛争のリスクが大きく高まる」 日本5.8% 米国12.6%
「解決に向けて動き出すが、しかし最終的な解決は将来的な課題になる」
日本36.8% 米国25.7%
「いくつかの前進はあるが、核問題は未解決のまま」日本28.1% 米国30.4%
「早期解決に向けて大きく前進する」日本2.8%米国13.2%

米朝首脳会談の実現にあたり、米国と北朝鮮のどちらがより大きな譲歩を行ったのか・?
「わからない」日本34.9% 米国18.9%
「北朝鮮」日本21.7% 米国34.3%
「米国」日本21.1% 米国22.8%
「双方が同程度の譲歩を行った」日本22% 米国23.6%

トランプ大統領が交渉入りに合意した理由
「国際的な問題について、トランプ大統領自身が重要な功績をつくりたかったため」
日本33.7% 米国29.7%
「南北の事前交渉によって、非核化に向けた新しいチャンスが出てきたため」
日本19.2% 米国34.3%
「北朝鮮の核計画の加速で、米国と同盟国に対する脅威が高まったため」
日本17.7%、米国は10.1%
「わからない」 日本27.8% 米国13%
「その他」 日本1.3% 米国12.1

北朝鮮が、朝鮮半島の非核化を含む交渉入りに合意した理由。
「国連の経済制裁や中国の圧力などが影響した」日本39.1% 米国31.4%
「トランプ政権による北朝鮮に対する強硬な姿勢が影響した」日本26% 米国37.5%
「米国に届く射程のミサイル(ICBM)の実験成功により・北朝鮮は核抑止力を獲得、交渉 材料を手に入れたから」日本30.8%。米国28.5%

米朝首脳会談の実現で、トランプ大統領の評価
上がった・・日本13.3% 米国34%
下がった・・日本2.3% 米国13.5%
変化ナシ・・日本68.9% 米国46.7%
不明・・  日本15.1% 米国5.1%

米国の北朝鮮に対する軍事行動の可能性はどう変化したのか・?
可能性は変わらない・・・日本47.5%、米国38.2%
軍事行動の可能性は低くなった・・日本16% 米国26.8%
可能性は高まった・・日本8% 米国23.9%
不明・・日本28.2% 米国9.7%

中朝・南北・米朝などの一連の首脳会談を通じて、朝鮮半島が非核化に向けて動き出したことについて、誰の行動を最も評価するのか・?
「ドナルド・トランプ」米国62.9% 日本25%
「文在寅」米国49.9% 日本17.5%
「金正恩」米国27.4% 日本15.4%
「習近平」米国22.4% 日本9.4%
「安倍」 米国3.3%  日本5.2%
「誰も評価しない」米国1.3% 日本22.9%
「わからない」 米国7.2% 日本32.3%

北朝鮮の核兵器開発問題解決の見通し
「解決は難しいと思う」米国25.8% 日本65.1%
「わからない」米国23.2% 日本24.4%
「今年中に解決」米国2.6% 日本1.1%
「2年後には解決」米国7.6% 日本1.9%
「5年後には解決すると思う」米国25.4% 日本3.2%
「10年後には解決」 米国12.8% 日本4%

金正恩氏に朝鮮半島の平和実現に向けた意思があると信頼できるか・?
「信頼できない」米国47.3%(「どちらかと言えば」24.8% )計72.1%
日本36.3%(「どちらかといえば」29.9%)」計66.2%
「信頼できる」米国0.1%(「どちらかと言えば」6.5%)計6.6%
       日本0.8%(「どちらかといえば」3.3%)」計4.1%
「どちらとも言えない」米国15.6% 日本16.5%
「わからない」米国5.4% 日本12.7%

「国交正常は北朝鮮が完全な非核化が実現した後であれば、賛成する」
(日本52.3%、米国60.8%)
「完全な非核化に合意すればその実現前でも賛成する」
(日本11.4%、米国13.0%)。
「完全な非核化を実現しても反対」
(日本9.7%、米国8.6%)
「わからない」
(日本26.3% 米国17%)

在韓米軍の今後については
「在韓米軍は現在と同規模で維持すべき」(日本36.3%、米国36.2%)
「在韓米軍は拡大すべき」(日本2.2%、米国5.2%)
「在韓米軍は縮小すべき」(日本28.8%、米国31.4%)
「基地は閉鎖し在韓米軍は韓国から撤退すべき」(日本4.1%、米国11.3%)
「わからない」(日本28.2% 米国14.6%)

「朝鮮半島の非核化に向けて決定的な成果が期待できる」日本6.2% 米国21.8%
「いくつかの問題について進展はあるが、非核化への成果にはつながらない」
日本52.2% 米国35.9%
「朝鮮半島の非核化に向けて決定的な成果が期待できる」21.8%
「会談は失敗に終わるが、それによるダメージは限定的となる」日本10.2% 米国13.5%
「会談は失敗に終わり紛争のリスクが大きく高まる」日本5.8% 米国12.6%
「わからない」 日本25.3% 米国16.3%

これはあくまでも米・北首脳会談前の一回の世論調査に過ぎない。
日米国民ともかなりシビア―に事態を捉えていると思われる。思われるが・・もし・
トランプ大統領が予想もしない外交成果を挙げ・・あまつさえ北との休戦条約等を締結・
朝鮮戦争に終止符を打つならば・大統領としての評価が沸き立つことは間違いない。
野党のマスコミも渋々拍手を送り・・与党に戻るだろうかか・??
これで二期目も安泰・・保証された事になる・・・
( ^ω^)( ^ω^)

 

 

3 comments on “日米世論調査
  1. より:
    木村太郎さんトランプ二期目予測

    金曜日のプライムニュースにてトランプ大統領二期目も当選すると予想。

    米朝会談。トランプ当選当ててみんなの注目。

    木村さんでなくとも・・
    その予想は一回目より簡単に思えるな・・
    柿さんも当るよ・・
    北との会談成功させれば・・ありきたりの成功ではなく・・
    あっと世界が口を開ける成果なら・・太鼓判・!
    伝説の大統領になれる・・
    いよいよプーチンとハグの番・・

    こちらも京女柿さんともハグするか・・・
    ( ^ω^)

  2. おののののか より:
    予報

    米国民は本来モンロー主義で生きていける国。しかし帝国主義のご時世、ロンドンシティの意向により結局海外の戦争に駆り出された。FRBに国を乗っ取られ、その経済力で覇権国・基軸通貨国になってしまった。国民は外国の事など興味はないが、自由貿易と麻酔の様なドルのうま味にならされているうちにグローバル化で空洞化した。世界は豊かになったが貧富の差が極端化した。この潮流の中、トランプがでてきた。サンダースもこの流れと見たぺルドンさんの視野は、木村太郎より早かったし広い。

    だが世界の支配層が敷いた核配備態勢。これを公然と異を唱えるトランプ。勝てるのか、妥協するのか、単なる人気取りか。トランプの後、出てくるかもしれないトランプの兄弟サンダースとは政策が違う気もするが、二人で分担して行方を決めるのか、トランプは露払いなのか、ぺルドンさんの長期予報に注目。

    次期大統領選の結果次第・・
    仮にサンダースが出てきて・・無視できない支持者を得られれば・・
    平気でトランプは副大統領は無理でも閣僚に取り込むだろうな・・・
    ( ^ω^)

  3. おののののか より:
    異能

    ぐっちーポストでは、トランプ当選をぺルドンさんだけが予想し、当選後も彼に対する価値判断は3人とも変わっていないと思う。ぺルドンさんは彼のヒューリスティックな面をもっと評価せよというが、相変わらずそんな人は世間にほとんどいない。私はその本質を分かりやすく開示してくれと言ったが、そうは簡単にはいかなかった。笑 相当広い視野が必要なのだろう。サンダースも兄弟と言っているところがまた凄い。はたしてぺルドンさんは何を見定めているのか。笑

    多分乱視なんだろうな・・・
    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。