ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/06/11 11:32  | コラム |  コメント(1)

SFは教師か予言書か①

SFの重要性は・・文学世界では異端の分野ではなく・非常に有効な表現分野だと気付いたのは・そう昔の話ではない。
イマジネーションを強烈に要求される世界であると同時に・
知性とは想像力だと言う高尚な結論にも到達する涅槃の境地でもある。
つまり・・一番セクシーな分野なのだが・一般人の認識は低い。攻殻機動隊の分野になる。

シンガーが啓蒙してくれる。
如何にSFが技術社会・・牽いては明日を支配しているか。

「SFは人気があるだけでなく・・信じられない程・影響力があって・驚かされる事が多い。現実の技術や戦争や政治において・・SFの存在が感じられる事が少なくない。
例えば・・
アイロボットでは・ロボット研究グループのモットーを決める時・
「SFを現実にする」か
「実用的なSF」
かで迷いに迷ったと言う。
「どちらが好きか・・今だに迷っている」

SFの参考文献やアイディアには・・軍サイドにもしばしば登場する。新しい軍事技術や・・その仕用法に関する会議には・殆どといっていい程登場する。
統合参謀本部議長マイケル・マレン海軍大将でさえ・・乗員の手引書として開発に協力した・・海軍の「専門的読書」プログラムには・・SF小説「宇宙の戦士」「エンダーのゲーム」が含まれていると・誇らしげに語る」

ではSFとは何か・?
Seiance Fiction。
「サイエンス・フィクション」という名前を生み出したのは、
世界初のSF雑誌『アメージング・ストーリーズ』初代編集長ヒューゴー・ガーンズバック。正確には「サイエンティフィクション」〔Scientifiction, Scientific+Fiction〕と呼んだ。
SFにおけるニュー・ウェーブ運動の参加者は、
「SFは科学小説ばかりではない」という見解から
「SFはサイエンス・フィクションの略ではなく、スペキュレーティブ・フィクション
(思索的小説)の略だ」と主張。

Sci-Fi(サイ・ファイ)という略語は1954年にフォレスト・J・アッカーマンにより公式に用いられた。ただし、ロバート・A・ハインラインはこれよりも6年早く、この用語を私的な書簡で用いている。

サイエンス・フィクションがポップカルチャーの世界に進出すると、
熱心なSF作家やファン達は、“Sci-Fi”という略語を、低予算・低技術のB級映画や、低品質なパルプSFと関連付けるようになった。

1970年代までにはテリー・カーやデーモン・ナイトらのSF批評家達が、
略語“Sci-Fi”を・・真面目なSF作品からやっつけ仕事を・区別する用語として使うようになり、1978年頃にはスーザン・ウッドその他の批評家により、“Sci-Fi”に対し
「スキフィ」という発音が導入された・・wiki

要するに出が悪かった。簡単に述べると足軽から這い上がって来て・・一国一城の主にまで出世した訳だ。しかも今や天下を二分する処まで来たと言っても過言ではない。

作家カズオ・イシグロの「Never Let Me Go」はSFだが・・
ノーベル文学賞受賞理由・・
「世界と繋がっているという我々の幻想に隠された深淵を偉大な感情力で明るみにした一連の小説」を体現する代表作として・・本作を紹介する解説者が多い。wiki

優れた作家も軸足をSFに置かなければならない程・・文学は拡大成長した。これは科学の発達と比例しているが・その科学を刺激・発達させた一因はSFにあったと過言なく語れる。

シンガーはその一例として・・シアトルにあるSF殿堂博物館(Infinite Worlds of Science Fiction)館長ドナ・シャーリーをあげる。

彼女は16才でパイロット免許・・オクラホマ大で航空工学学位を取り・NASAの名門
ジェット推進研究所で女性初のエンジニアとして参加・32年間様々なプロジェクトに参加してきた。火星探査プログラムの責任者も務めた。
「これらの出来事は米国の宇宙計画における二大偉業のみならず・・恐らく20世紀21世紀において・特に重要な科学的データーを世界に披露するだろう」と新聞で評価されている。

その彼女は・・11才の時ハインラインやアシモフと出会った。
「彼等の主人公はエンジニアや科学者だった。女性が活躍する事は日常茶飯事で・そこに共感した」
SFが如何に彼女に影響を与えたか・聞きつけた博物館の主宰者が・彼女をスカウトした。
「皆にSFの事を知ってもらいたい。私達の文化におけるSFの重要性に気付かせ・・科学と・科学の・社会的な面に関心を持ってもらう様に仕向ける事よ」

彼女によると・・SF作家がしばしば創り出す架空の世界が・SFを構成しているのではない。科学が物語のプロットを直接に動かしている分けではない。むしろ・・SFは受け手を・
科学が社会に及ぼす影響と格闘させる。
「興味深いのは技術じゃない。技術に人間が・どう対処するか」
だとシャーリーは言う。

殆どのSFは・・新しい出来事や技術がもたらすある種の・普通は政治的な副産物を扱っている。例えばF・K・ディックの「マイノリティ・レポート」には・警察が犯罪を予測出来る技術が登場する。その技術そのものではなく「実際にそのようなシステムを使用する場合の
政治的・法的な悪影響」がテーマになっている。
要するに・・SFは単に特殊効果で「あっと言わせる」のではなく・「考えさせる」問題を提起するものなのだ。

こうして技術よりもジレンマに焦点を当てる事で・・SFのストリーは物語が生まれた時代より・世の中が進んでも・色あせずにいられる。

SFが現代世界にどう取り組むかには・・幾つかの傾向があるとシャーリーは考えている。
1つは女性作家が増える事。
「女性作家の方が・・社会的な問題や人々に起きる事を書く傾向がある」
そして・・SFにはコンピュータとロボット工学の影響に・より焦点を当てる影響も顕著だ。

彼女は・・来るべき技術だけでなく・そうした技術が「私達の堕落した社会の手に」落ちたら・どうなるかも際立たせていると心底心配している・・・
( ^ω^)

One comment on “SFは教師か予言書か①
  1. おののののか より:
    ノンフィクション派

    どうも私はノンフィクション系で、SFマニアや推理小説マニアをよく飽きないね、と見下してた。向こうもこちらを見下していた。歴史・芸術の本で自分で妄想したほうが楽しかった。

    しかしSF・推理でもごく少ない定番は好きだが、映像が主だ。エンターテイメントとして見ているので、問題意識がない。悪い読み手だな。攻殻機動隊、スタートレック、宇宙戦艦ヤマト、猿の惑星、ホームズ、ルパンはのめり込んだが、スターウォーズ、ETなどバカバカしくて見ていられなかった。繰り返し楽しめるかで決まるのかな。極めて平凡な好み。笑

    SFは深いですよ・・・
    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。