ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/05/15 09:19  | コラム |  コメント(1)

プラドの至宝ボス⑤

閉じられた状態のボスの祭壇画は・・中央に円形の地球があり・・透明の半ドームで地上は覆われている。灰色の世界だ。神が三日目に創られた世界だそうだが・・まだ植物も動物も人間もいない神の王国だ。見えるのは冬と水と夜。

地球が球体と古代ギリシャでは判明していたが・・円周の距離でさえほぼ正確に割り出していたが・ガリレオの凡そ百年前の人物ボスが・地球の体型を知っていたとなると・・北アフリカ・アレキサンドリア出身であろう・アダム派の存在を無視出来ない。

この異端派は・・当時最高の学問の都だったアレキサンドリアの科学知識を・教義に取り込んでいた・としても大胆な推測ではないだろう。
要するに閉じられた状態の祭壇画に・アダム派なら・聖なる円形マークをシンボルとして・
描いていても奇怪ではなく当然であり・アダム派の隠れ十字架が球体・円だったのだろう。
禁教にされたキリスト教徒が・・魚をキリストのシンボルにした前例がある。

若し右側の扉から開いたとしたら・・そこは天国ではない。エデンでもない。
立っているのは・・神ではなく・キリストとなる。
キリストの前には・・原罪に染まらない無垢の男女・全裸のアダムとイブがいる。
アダム派のルーツが示されている。
その子孫・子供達・・裸のアダム派信者達の園が・中央の祭壇画「悦びの園」の中に生き生きと生きている。ここが最後の審判後存在する天国となる。

キリストの後ろの池にある奇怪なピンク塔基礎は・・球体には穴があり・梟がいる。
悦びの園でも大小の梟がいる。
梟はアテナの使いでもあり・・智慧の象徴でもある。
アテネはアテナ女神を守護神と祭り・・ドラクマ銀貨には・表にアテネ女神・裏には梟が打ち込まれている。今は一枚20万円台に高騰しているが・・手に入る。ここでもアレキサンドリアの匂いがする。
梟は夜見える鳥・闇を見通せる鳥として・・英知の代名詞として・中世も尊重されていた。
アダム派は球体だけでなく・・梟も智慧の象徴として・教義のシンボルとして取り入れていたのだろう・・・
( ^ω^)

One comment on “プラドの至宝ボス⑤
  1. おののののか より:
    おっと

    いよいよ独自の絵解きがはじまったな。ぺルドンさんはベラスケスの「女官たち」の時は、ピカソも達しえない絵として、詳しい絵解きはしなかったが。笑

    フレンガーはアダム派とは断定しなかったが、ヘレニズムの中心地アレキサンドリアの影響があるとすると面白いことになる。あの時代はギリシア思想・キリスト教を生んだが、両方グノーシスの考え方が母体なのではという気がする。生まれた息子は思想を創造するに連れ、母体を否定していくが、ギリシアの知識はグノーシスになじむように確かに科学的だった。
    母体を否定し続けたキリスト教は常に、母体に揺り戻されたくさんの異端を生んできた。アダム派だってそうだろう。結局キリスト教は千年くらい論理の練習問題をやっているちに科学を生むはめになった。笑 神は母体に還ったのかもしれない。笑 ギリシア人がそういう知識を科学というような概念で考えていたかは解らないが。この概念はキリスト教的だと思うが。

    グノーシスのような考え方が広まれば、たしかにイソップも貶したように、神託の時代は終るな。笑 人間の意識が熟してきたというか、もっと確かでシリアスなものを求めるようになったとしか思えない。あの当時のユダヤ教はまだこういう期待ができる宗教という感じがしない。新約聖書は最初にロゴスがあったと言っているから、やはりグノーシスと同じ出自だと思うし、ユダヤ教も神が私は在るという者だと言っているから、グノーシスより先に言語体系を生み出した人間の能力を、無意識的にも自覚したのでは。笑

    梟もおそらく古代オリエントからそういう扱いを受けていたのでは。霊長類と同じく180度の視界は失ったが、我々と同じような視覚だ。人間も夜行性になれば視覚能力がもっと梟に近付くと思う。笑

    グノーシス派は教会を二分にする力があったが・・異端と追放されてしまった。グノーシス派の研究は・・日本でももっと進んでもいいいとおもうな・・・
    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。