ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/05/14 10:50  | コラム |  コメント(3)

プラドの至宝ボス④

アダム派は教会から弾圧・根絶やしされたと思われていたが・・どうやら地下に根を張り・生き延びていたらしい。ボスの家系もその一族か否かは不明瞭だが・・アーヘン出身で・オランドダ南部界隈で・教会装飾を手掛ける生業を営んでいた。
呼び方・発音も・・ボッシュはドイツ語式・ボスコはスペイン語式・ボスは統一発音。
判るのはここまで。

その当時画家の間で・・人体の関心が高まったと観られている。
アダム派は・・エロティシズムに精神的な意味を与えた。
裸をsexに誘うものとは捉えず・・むしろ肉体はsexに左右されない・プラトニックな愛を主張した。

やはりアダム派は僕には合ってないな。しかしそれでどうやって子供をつくるのだろう・?
結婚後・十年してもまだ童貞と処女もあるのか・?例外規定が派にはあるのだろうか。

フレンガーもボスがアダム派だと結論を出さなかった。
出さなかったが・・アダム派の教えに相当精通していた・派の指導者層でなければ知りえない知識を・・ボスはこの祭壇画の発注者から得ていたのだろうと推論している。もしこれが異端派の祭壇画なら・・カトリックやルター派信者の画家に製作を依頼する筈がない。
と考えれば・・ボスはアダム派と何らかの関係があったとなる。

ボスの自腹による製作はあり得ない。
当時の絵具は宝石を粉にして・・画家の工房で作られていた。
ダ・ヴィンチでさえ・・
パトロンから渡された絵具材料を画家がくすねない様・・パトロンの見張り番がアトリエに張り付いた。快楽の園がどれ程の宝石を必要としたか判らないが・・ボスの自費では無理だっただろう。それに制作にどれぐらいの日数がかかったか不明だが・・親分の模写期間と
同じとすれば・一年かかる。その間・家族や徒弟弟子を養わねばならない。
明らかに裕福なパトロンが居て・・発注となる。
大物商人かネーデルランドの支配者の一人が・・当然発注者としては考えられる。

ハビエルは奇妙な鑑賞方法を提案している。
三連祭壇画は・・左右の観音式扉・・裏にはエデンと地獄が描かれている。これをどちらから開けるかで・・この快楽の園の解釈が異なると教えてくれる。
アダム派の秘儀の一つだろうか・?

我々は右利きが多いから・・当然・右の扉から開ける。
地獄が待っている。登場人物のお尻に書かれた音符は・・音楽に潜む悪魔の曲らしい。
どんな曲か聞いてみたい。いずれにせよ・・我々の前には地獄が立ちはだかる。
ハビエルは解釈する。これを地獄と捉えてはならない。これは現実の社会その物で地獄ではない。人々は地獄の様な所に住んでいるのだ。この社会から・・導かれると快楽の園に通じる。人々は裸になって・・生の歓びに浸れる・・・
( ^ω^)

3 comments on “プラドの至宝ボス④
  1. おののののか より:
    あやしく面白い時代

    ボヘミアもフランドルネーデルランドもスペインもハプスブルグ治下だ。先進経済で後には銀もなだれ込んでくる。芸術の守護神だし、あやしい、いや新しい宗教団も秘かに胎動している。ボスはパトロンと仕事には困らなかったように思える。

    中世から近世への時代の変わり目。ルネサンスももう来ている。新旧全てのモノがまだ揃っている感じだ。こういう時代の意識は、飛びぬけてしまい、シュールでマニエリスムを生みやすいのか。複雑で面白い時代だ。ブロンズィーノの愛のアレゴリーにも驚いた。ボスは中世っぽいが、これは近世的だが、それにしてもあの時代にあんな雰囲気の絵が現れるとは。

    もうこの時点で、西欧には近代に世界を席巻する、あらゆる複雑な要素がそろっていたのでは。

    ルネッサンスが目前に来ていた・・
    ホイジンガ―の「中世の秋」読んでみごらん・・・
    ( ^ω^)

  2. おののののか より:

    中世の秋、状況からして実り多き秋だったのでは。重要な栄養が西欧に流れ込んで稔ったとしか思えない。組み合わせ・相性も大事だった。育ての親にも感謝。手探りだったが、どういうわけか芽を伸ばす方向を見つけられた。気候からして早稲ではなく晩稲だった。その分、美味しくなったのでは。咀嚼にも時間がかかるな。笑 ゆっくり読んでみます。しかしある程度に達すると指数的に実る性質もあると思う。笑

    秋は果物の季節・・特に柿は好物でね・体にも良いし・・・
    ( ^ω^)

  3. より:
    夏でも食べれる柿

    甘干富有柿は、冬から熟成し、夏でも食べられる氷温熟成の柿、お中元の季節にでまわります。お試しくださりませ。

    それは知らなかった・・
    夏食べれる干し柿・・夏食べれる美濃柿・・
    柿さんはいつでも食べれる柿かな・・
    氷温熟成ならお尻が凍っているな・・触ったら霜焼だな・・・
    ( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。