ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/02/23 11:31  | コラム |  コメント(1)

風呂場の愚痴

以前にも書いた。
掛湯もせずに・・ドボンの老人が多すぎると・・
とらやさんだったか・・
「掛湯だけではなく・・前と後ろも丁寧に洗うもの・お里が知れる」
厳しいコメント。
スポセンが付属の温泉で・・温泉会員を募り始めてから・・益々会員は増えた。
風呂屋よりも低額で・・日に何度も利用出来・・冷暖房が効いているとなれば・・早い話・・老人ホームの・・態をなしてきた。
一度一番風呂に入りたくて・・開始の10時に行くと・・もう数名がいる。こうなれば意地だと9時半に参上し・・点検が終わると同時に入った。憧れの一番風呂だ。
だが・・掛湯したらもう数名がいた。何時・・運動を終えても・・風呂場に行くと常に常連がいる。混んでいる。混んでいるのは・・商売繁盛だが・・問題は変わらない。むしろ掛湯をしない連中が・・・・人数に比例して多くなっている事だ。

日本人は・・ローマ人に引けを劣らぬ風呂好きだから・・これは精神的にムカつくイラつく。
大人然と出来ぬ。風呂場でリラックス出来る筈が・・ストレスが押し寄せる。これは僕だけの話ではなかったらしく・・ある日・・風呂場にデカデカとポスターが張り出された。

「体を洗ってから湯船に入って下さい」
外国人が見れば・・日本神話が崩壊するだろう。ポスターの数に押されたらしく・・いきなりドボン族は減った。皆無とは言わないが・・まぁ無視出来る数に縮小した。
やがてポスターが撤去された。

されてから数日も経たない内に・・息をひそめていた「いきなりドボン族」が復活した。
湯船の中で顔を洗う奴もいる。湯船に潜って頭を洗う奴・・タオルを湯船の中で濯ぐ奴・・
殺人事件が起きても・・少しも不思議ではない。この精神的衛生的犯罪者は・・揃って年寄りである。爺である。

奥方に愚痴を漏らす。
「年寄りの連中は・・風呂の入り方・躾けられている筈なのに・・どうして・こうもひどいのかなぁ・・分からない」
奥方は即座に鼻であしらった。
「その人達の子供の頃・・日本は貧しくって・家にお風呂が無かった時代よ。だからお風呂の
入り方を親から躾けられていない」
とらやさんとほぼ同じ意見だった。子供時の親の躾が・・年を取って銭湯で顔を出すのか・・
幼児教育は大切だと認識された。

奥方に教えられたが・・女湯では時々トイレで用を足すべき物が・・温泉の花のように浮かぶらしい。管理人が網で掬い取るらしい。それは・・躾けの問題ではないと思うが。
そして・・
男湯でも管理人が長い柄付き網を持って・・現れる原因が解明した。
解明したが・・
湯船に浸かった後は・・シャワーを長々たっぷり浴びる必要も生じたが・・湯船で顔や頭を洗う連中は・・天誅を受けている事は確かだ。目に見えないだけで・・それは薄いスープ状になって・・湯面を広がっているのは常識だ・・・
( ^ω^)・・(笑

One comment on “風呂場の愚痴
  1. おののののか より:
    おや?

    愚痴であっても真実が入っていると、グッチーポストに圧力がかかってくるわけですね・・。高校・大学、国立・私立、共存共栄体制、共通試験で堅固、新井先生も試験問題入力しやすくなった。ばらばらではやりにくい。少子化で外国人留学生に頼る大学も。共存している間に、日本の地位低下。・・・これもちょっとまずかったかな。

    不味くないさ・・
    ただ奥方の検閲を受けなかったのは不味かった・・
    GUCCI POST・・如何なる圧力にも屈しません。但し・・ハニートラップ
    こられたら・・???・・それでも跳ね返す理想がある・!!!
    ( ^ω^)・・(笑

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。