ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/10/12 10:44  | コラム |  コメント(2)

神々の終焉②

お墨付きのシビュレの書が・・BC83年のローマの大火で消滅した。ローマは未来の運命を失った事になった。羅針盤のない航海を彷徨う事になった。勿論・・冷徹のキケロは辛辣に書いている。

「何らかの形で・・国事に関わるものと看做された夢も又・・
最高機関・元老院に看過される事はなかった。
いや・・我々の時代の時代においても・・ルティリゥスと共にコンスルであった(BC110年)ルキウス・ユリウスは・・パレアリュスの娘・カエキリアの夢故に・・元老院決議に基づいて・・ユノ・ソスピタの神殿を修復させたのだ」

プラエネステ・・今日のパレストリーナは・・フォルトゥナ女神の神域の所在地があり・・神官達はBC2からBC1年に神託を授けていた。ラテン同盟の一員だったが・・BC338年に再び離反し・・翌年には屈した。

クマエと異なり・・ここではBC6年以来ラテン語が話されていた。ラテン語活用にも拘わらず・・ローマ人はここを二流処と看做していた。神託はやはりギリシャ式の方が有難味があったのだろう。人気は無く・・ここは貧民や奴隷の御指定席だった。

キケロに言わせると・・ここの予言の執り行いは・・素人にも嘲笑されるようなものだった。田舎神託所だった。籤を使っていると詰っている。

「そもそも籤とは何か・?!それはジャンケンや賽子を投げるようなものであり・・不確実と偶然が左右するものであって・・理性や賢明さが支配するものではない。総ては虚偽によってこしらえられ・・もしくは利得・迷信・瞞着を企図しているものだ」

キケロによると・・ここの籤神託はスフキフスと言う有力者によって始められた。この男が夢のお告げで・・ある石を割った処・・古風な文字で記された樫材の籤が出て来た。

「その場所は今では固く垣根で囲まれている。それに接してユピテル・ブエル(幼児ユピテル)の神殿があり・・乳児ユピテルがフォルトナの膝に座って・・乳房に手を伸ばしていて・・母親達から深い信心を籠めて崇められている。
又石を割った時・・フォルトゥナ神殿が建つている処で・・一本のオリーブの木から・・蜜が流れ出たと言う。
すると・・
神官達が・・この籤は偉大な声望を得るだろうと言い・・彼等の指図でそのオリーブの木で箱を造り・・その中に籤を納めた。
この籤が・・今ではフォルトゥナの合図で引かれているのだ」

そこら辺りの神社の御御籤と何ら変わりがない。有難がるような物ではない。ないが・・明智光秀は三度も籤を引き直し・・信長を嗜虐し・・日本の将来を変えてしまった。こうなると・・たかが籤とは言えなくなる。

フォルトゥナは・・運命と幸福の女神だが・・偶然の神でもある。プラエスネスの御御籤は・・神官の代わりに子供が籤を引いた。全く偶然に委ねられた。
ローマ人には・・このやり方は気に食わなかったらしい。時と共に・・この聖地は・・不妊女性の巡礼地と金持達の保養地になってしまった。どうして不妊の巡礼地になったのか分からないが・・。
この聖地は・・もう一つの神殿があり・・神託を出したが・・今一つローマ人の人気を呼ばなかった。神託は・・古代エジプト神殿方式だった。神官達が神像を担いで・・群衆の中をねり回り・・神像の頷き方で将来を占った。

これらはローマ人には不向きだったらしく・・BC3年には・・ローマ元老院は神託占いを禁止し・・下層民の参拝だけを許した。

2 comments on “神々の終焉②
  1. おののののか より:
    日銀にも

    秘伝の書があるらしい。一子相伝かはわからないが。日銀はすっかりFRBの支店だと思っていたら、英語ではなくドイツ語らしい。一万田総裁が持ち帰ったとか。英語とちがって頑なで融通がきかないらしい。ドイツ連銀の薫陶らしい。どうりで違和感のある神託が多かったわけだ。ドイツはEUの主役だ。英国はユーロを使っていないから、もともと独立国のようなものだろう。と言いつつ、ユーロの創設・実務・決済をやっているのはロンドンのシティだ。

    それでも澄田・黒田総裁とか大蔵省からやってきた総裁は秘伝を封印し、FRBと連携する。今日銀は、株と国債を爆買いし、澄田総裁時代と違う最終のようなレベルで大活躍だから、黒田さん、もう燃やしちゃったんじゃないの?。笑

    原本は漢文だったりして・・( ^ω^)・・・(笑

  2. おののののか より:
    そうですよね

    朝廷の公文書は律令国家以来、沽券にかけても全て漢文ですよね。幕府は征夷大将軍だから和語が多いのでは。たしか王政復古の時も漢文でしたよね。いつまでそうだったんだろう。今でも原文はそうだったりして。官僚の皆さまは簡単に書けるのかな。笑 相変わらずそれがステータスかも。
    一万田総裁なんかすらすらとドイツ語を直接漢文に書き下していたのでは。いや書き上げていたのかもしれない。ぺルドンさんも朝飯前なのでは。

    森鴎外で仕舞でしょうね( ^ω^)・・・(笑

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。