ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/05/19 10:06  | コラム |  コメント(6)

春の亡霊④

暖炉はソープストーンが張られていた。ライムグリーンな上品な石だった。ソープストーン仕様のストーブも北欧では・・昔は珍しくなかった。文句なく持ち帰りたい品物だが・・博物館から盗み出すわけにはいかない。
薪を燃やしたかったが・・流石に薪はおいていなかった。

もう一度・・窓から池を覗きたくなった。窓を大きく開くと・・新鮮な森の空気が雪崩れ込んで来た。それに池の水の湿っぽさが・・混じっているような気配がしていた。樹を背景に・・白い服を着た金髪の少女が・・遊んでいるのが目に入った。管理人の孫だろうと推測した。

ノックがしてマエストロが入って来た。御機嫌だった。秘書と・・同じベットに寝るのが普通とは思わないが・・護衛となれば・・常に一体化しているのが望ましい。
「コーヒーを飲みに行こう。管理人に用意していると言われている」
文句はなかった。三人は台所に降りて行った。台所は一番奥にあった。過っては・・台所は別棟に造るのが当たり前だった。料理の臭いが・・館に立ち篭るのを嫌ったからだ。

台所は・・赤レンガが剥き出しで・・素朴な造りだったが・・やはり二階の天井までの吹き抜けだった。窓が三列に並び・・採光を配慮している。広さはここで宴会を開ける大きさだった。かって使用された・・焼き肉調理用の長ぼそい暖炉が残っていた。
長い調理台が主の様に・・台所に鎮座していた。

隅にあるテーブルで・・僕達は大きなカップに入った熱いコーヒーを飲む。管理人の奥さんが・・デカイ手作りのケーキを配ってくれた。控え目だが・・愛想のよいバァ様だった。一口ケーキを頬ばっただけで・・スエ―デンの旨い家庭料理を食べられると見当がついた。マエストロ達も・・同じ感想だったらしく・・三人の未来は明るくなった。

明るくなった処で・・三人は仕事場の礼拝場に戻った。戻った礼拝場は・・不思議な静寂さがあった。窓がない所為かも知れない。マエストロは・・難しい顔つきで腕を組み・・自分のキャンバスを見つめている。
「十字架に架けられたキリストを描いてくれ・・という注文だ」
マエストロは・・自分に呟くように囁く。僕は・・周囲の壁に描き出された砂漠を見つめながら・・応答する。
「ゴルゴの丘のキリスト像でしょう」
「それは間違いないが・・これが邪魔なんだ」
マエストロは・・前に立ちはだかったような白大理石の板版を・・曲げた指でコツコツ叩いた。大理石の板は等身大だった。無愛想なドラゴンが彫られてあるだけだつた。

「ヴァイキングのドラゴンですね。船首の飾りによく使った」
「だが・・この大理石の板が邪魔だ」
「絵の具が・・ここだけ早く剥がれるでしょうね」
マエストロは・・頷きながら・・宿敵の様に・・商売敵の様に大理石板を睨みつけている。

創作上の苦難は‥マエストロに任せて・・僕は商売道具の絵具等が詰まった・・箱をアマゾン・エステートから運び込む。運び終えても・・マエストロは苦吟していた。理由は判っていた。
大理石板が邪魔をしていた。もう少し横にずれた位置にあれば・・
余った空間に十字架を描けた。板の天辺から十字架を生えさすにしても・・天井にぶつかり・・受難劇は寸足らずになってしまう。壁とのバランスが取れない。コンポーズが難しい。

十字架の上で・・キリストは・・横木に張り付けにされなければならない。涅槃の釈迦像には横になった像がある。あるがキリスト教では・・十字架で横に寝る・・キリスト像は看た事がない。どうするんだろう・・
「決めた」
マエストロが叫んだ。難問を一気呵成に解決した喜びが籠っていた。
「これだ」
マエストロは念には念を入れ・・吠えた。礼拝場に・・芸術上の解答が響いた。まだマエストロ以外知らなかったが・・・

6 comments on “春の亡霊④
  1. 恵美 より:
    ツインとクンダリーニにはあったけど・・・

    とりあえず、何かとどうかなってるん?
    怖いと言ったら怖いんですけど・・・男性性は基本、相手は支配欲

    幻聴ですよね?

    魂の世界は・・・謎

  2. ペルドン より:
    お女中さん

    男性・・支配欲とは限らない・・
    女性でも・・支配欲はある・・
    ツインとクンダリーニもあるだろうが・・
    戻れない場合も出てくる・・
    幻聴は・・酸素を吸い過ぎても起こるらしい・・

    魂の世界・・
    今は・・確かに謎・・
    謎だけど・・いずれ解明されるさ・・・(笑

  3. 恵美 より:
    んーでも

    本質は一つで分裂しないんだけど・・・
    つまりどういうこと?

    優しい人なのかなぁ。ツインは複雑だからなぁ。
     
    鏡か別か。さっぱり・・・です

  4. ペルドン より:
    女はん

    全く同じエネルギー・・
    それを勝手に区分して・・女はんは名称してるだけ・・
    同一・・

    強いて言えば・・
    グリーンの時は優しい・・
    赤色にエネルギーがなる時は・・激しい・・意地悪・・
    って・・考えてみるか・・・(笑

  5. 恵美 より:
    黒?

    ツインとは結ばれない運命なのね。(^_^;)

    結ばれたくないし。
    けど惹かれるし。

    逆に結ばれたらまずいってこと?
    会いたいけど警戒心が強いのだー(`・ω・´)

  6. 恵美 より:
    エロいだけじゃん

    てか、私、相手が結ばれる気なくない。(。◕ˇдˇ​◕。)
    こんなに可愛らしいのにねぇ。( ^ω^ )

    他の結ばれなかったツイン男性と結ばれようかしら。(*´ω`*)
    思いは昇華すべし!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。