ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/09/24 23:15  | コラム |  コメント(1)

最高裁判事指定者の女難再び

BBC
「米最高裁判事候補に新たな性暴力疑惑 大学時代に露出か」

ドナルド・トランプ米大統領が最高裁判事に指名したブレット・キャバノー高裁判事(53)について、2人目の女性が性暴力被害を受けたとして実名で名乗り出た。
イェール大学でキャバノー氏と同期だったデボラ・ラミレス氏(53)は、米誌ニューヨーカーで疑惑の被害の詳細を語った。

キャバノー氏には学生寮でのパーティーで性器を露出しラミレス氏の顔にこすりつけ、合意のない身体接触を行った疑いが持たれている。ラミレス氏は1983/84年度にキャバノー判事と共にイェール大学で学んだ。

問題の行為があった学生寮のパーティーで、ラミレス氏とキャバノー氏は友人らと、次に飲む人を指名するゲームをしていたという。ラミレス氏によると、ゲームの最中に1人の男性がプラスチック製の男性器で彼女の方を指し、その後、別の男性が性器を露出したという。

「顔の前に性器が現れたのを覚えている。酔っている状態でも、自分がそれを嫌がっていると分かった」とラミレス氏は説明した。

ラミレス氏がそれは本物でないと言うと、あざ笑わればかにされ、最終的には男性を押しのけるために性器に触ることになったという。
敬けんなキリスト教・カトリック教徒として育てられたラミレス氏は、
「私は結婚するまで男性器に触らないはずだった。笑いものにされ、辱められ、侮辱された」
と話した。

ラミレス氏は、自分の右側に立ったキャバノー氏が、笑いながら下着を上げたのを覚えているとしている。同氏は飲酒のためにその日の記憶には欠落があると認めた上で、ニューヨーカーから接触があった時、名乗りを上げることにためらいがあったと話した。

この記事を執筆したファロウ記者とメイヤー記者は、何十人もの同級生に接触した。
うち3人の元学生が、直接的な目撃者ではないものの、当時この件についてぼかされた表現で聞いたり話したりした記憶があると証言した。
一方、この件に関わったとされる2人の男性は、他の同級生と共にラミレス氏の主張に反論し、キャバノー氏への疑惑は「全く彼らしくない」と話した。
キャバノー氏は声明で疑惑を否定し、
「35年前の疑惑の出来事は起こっていない。当時の私を知る人々はそれを知っているし、そう言っている」と述べた。
「これは単純な名誉毀損だ。27日に上院で真実について証言し、私の名誉と、生涯をかけて作り上げてきた性質と誠実さを、この段階で浮上した疑惑から守るのを心待ちにしている」

どうしても・・
民主党はキャバノー判事を連邦最高裁判事に・指名させたく無い事が明らかになった。それ程重要な地位だと言う事だ。
確かにキャバノー判事の名誉は・・もう棄損されていると言っても・過言ではない状況になった。
判事は妻と共にテレビ出演して・・どちらの疑惑も否定しており、ラミレス氏の件について「名誉毀損だ」と述べている。絶対引き下がらないとも・・断言した。

このまま引き下がっては・・一生汚名を着た人生が待っていて・今の職・連邦高等裁判所判事の地位も危惧される。ここは審問会を強行突破する道以外・・判事には残されていない。

ホワイトハウスの・・
「良き人物をおとしめるために民主党が企てた名誉毀損キャンペーンだ」
という主張と解説は・・トランプ大統領の歯ぎしりを代弁している。
このままでは引き下がる大統領ではないだろう。
復讐だと叫ぶ・・オーディーンの肩に留まった大カラスの鳴き声が・ワシントンDCの夜空に響いているだろう・・

ギャロップ者の最新の世論調査では・・共和党の支持率は高い。過去最高ではないが・・40%代で決して低くはない。対して民主党は・・同じく40%代で・支持率は変わらないそうだ。
民主党や反トランプ派のマスコミが画策したようには・・推移していない様子だ。
こレらの数字が11月の選挙で変化するのか・・投票率に結び付くのか・今の段階では予測は難しい。最高裁判事に関しても・・共和党はキャバノー判事支持で変わりそうにない。

もうすぐ上院で木曜日に・・公聴会がひらかれるが・新しい事は何も出てこない様な雰囲気がある。米国の良識の最高峰での醜い争いは・・政争の具にしては・代価が高価すぎるように思えてくる。またトランプ大統領も・・ロイターによると・25日、ブレット・カバノー氏の性的暴行疑惑について、
「民主党による出任せのゲーム」
だと批判した・・・( ^ω^)

One comment on “最高裁判事指定者の女難再び
  1. おののののか より:
    また下げて来た

    押してもダメなら引いてみな、と言っても、今度はいくら何でも趣向のレベル下げ過ぎ。大統領選の時と似て来たな。マスゴミも苦しいんだろうな。ここまでやるなら歩く生殖器と言われたビル・クリントンはどうなるの?。あれ?弾劾されたんじゃ・・。ヒラリーの人生もビルの後始末の連続だった。この方面では有能だから、トランプも顧問弁護士に雇えば・・。笑

    しかしこの騒ぎといい、セリーナの全米オープンといい、レベル低すぎ。貴族のいやらしさがない分、酷いもんだ。西欧では下半身の事情は問わないんじゃなかったっけ。日本でも昔はおおらかだったな。これもポリコレの影響か。マスゴミも高級紙ぶる時代ではないんだろうな。笑

    マスメディアはイエローペーパーに先祖返りするだけではなく・・タブロイド新聞にまで堕ち始めている。勿論目に付く民主党派のメディアだけでなく・保守派のメディアも健在だから、一概に決めつける事は出来ない・・・( ^ω^)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。