ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/06/14 04:59  | 昨日の出来事から |  コメント(0)

RBA総裁の講演会から

おはようございます。

昨日、RBA総裁Philip Loweがメルボルンで開催された企業経営者のフォーラムで講演をしました。 その主な内容は以下の通りです。

(1) RBAとして、今回の連立政権が打ち出した今後7年間にわたる個人の所得税の引き下げを支持する。これによって家計の負債(主に住宅ローン)が軽減される。と同時に企業経営者は労働者の賃金を年率3%引き上げるべきである。というのも、最近、この国の所得分配が企業側に偏っているからである。これまで、この国では年3~4%の賃金上昇が企業と労働者の暗黙の了解であった。それが現在は2%に留まっている。 その一方で、企業収益はそれ以上に増加している。

(2) 我々は、中期的な目標であるインフレ率を2.5%に引き上げる為に、賃金を引き上げる「銀の銃弾」を持ち合わせていない。 今回の政府の所得減税は、それを可能にする一つの引き金である。

(3) 現在の豪経済は正しい方向に進んでいる。 2018年第1四半期のGDPは前期比1%増加し、前年同期比では+3.1%であった。また2017年第4四半期のGDPは0.5%上方修正されている。

(4) 現在の豪の労働市場には、引き続き雇用のSlag(需給の緩み)があるが、2019年半ばにかけては解消されて、賃金が上昇するであろう。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。