ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/10/05 05:00  | 日本 |  コメント(4)

日米首脳会談とFTA交渉

安倍総理とトランプ大統領との夕食会(9月23日付外務省)
日米首脳会談(9月26日付外務省)
日米共同声明(同)

9月に入ると、日米首脳会談が間近に迫ったタイミングで、トランプ大統領は「もし日本との間で合意に達しなければ日本は大変な問題になる(If we don’t make a deal with Japan, Japan knows it’s a big problem)」と発言。ついにトランプ砲が日本に向けて放たれるか・・と戦々恐々として迎えた首脳会談。その結果は非常に興味深いものでした。

日本側にとって最も重要な課題は「FTA」交渉の開始と自動車関税の導入を回避することでしたが、これはひとまず申し分ない成果をおさめることができました。

また、7月の米国とEUとの通商協議との連携が強く意識されている点も注目されます。これは以下の記事で述べたトランプの「貿易戦争」の修正に関わる重要なポイントです。

「米EU首脳会談と『貿易戦争』の修正」(8/1)

もっとも、「FTA」交渉の回避については、日米両国は「日米物品貿易協定(TAG)」の交渉を開始することで合意したが、安倍首相は「TAG」は「FTA」と異なると述べており、したがってFTA交渉は合意していない・・という整理をしています。

一方、ライトハイザーUSTR代表は「FTA」締結を目指すと明言しました。交渉は2段階からなり、まず第1段階では早期に合意できるものを扱う・・としています。

この日米の食い違いが意味するものは何か。それも含め、今回の日米首脳会談の成果と今後の展望について解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
日米首脳会談とFTA交渉
***********

●「FTA」交渉の回避?
●貿易協定交渉の実質と自動車関税の回避
●日米欧 vs 中国

***********
あとがき
***********

第4次安倍改造内閣が発足。

「全員野球」内閣・・これは、英語で説明するとき困るあるあるですね・・。そもそも野球は全員でやるものと思いますが・・(苦笑)。

初入閣された方々の中には個人的に親しい方が何人かいます。頑張って欲しいです。

外相は当然ながら河野大臣が留任ですが、外務省といえば・・

鷹の爪団の 行け!ODAマン(9月21日付外務省)

ゴルゴ、ケンコバに続いて、今度は鷹の爪団・・相変わらず攻めていますね・・これも河野流でしょうか(笑)。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

4 comments on “日米首脳会談とFTA交渉
  1. ペルドン より:
    日米外交

    FFRが小人数と聞いてますが・・
    それで助かった面もあるのでしょう。
    外交交渉の分析は・・矢張り元外交官の面目躍如・・生き生きしている。
    「真珠湾」
    これは日本外交の大汚点・・あれで負けたと言っても過言じゃない。真珠湾攻撃は
    海軍本部の作戦にはなかった。ねじ込んだのは山本五十六と言われているが・・調べていない。しかし軍事的に観れば・・真珠湾は米軍人の怠慢以外の何物でもない。それを騙し打ちと糊塗した。僕もあちらの知識人から真珠湾を持ち出され・・閉口した事がある。

    朝日で残される新聞記録には・・誤報が全て訂正されているそうだ。アサヒ曰く・・正しい記事を残す為とか。訂正する場合は・・訂正前の文も併記が望ましい。何処で分析を間違えたか・・読者に知らるのも筆者の誠意と思われる・・・

    ( ^ω^)

  2. KB より:
    英知100%

    JDさんの英知が詰まった記事でした!!

    外交の現場での経験、ここまでの人脈、法律家的(とも限らないでしょうが)な冷静な目線での解釈、歴史的な知識・理解、趣味(映画エピソード)・・・、この全ての融合は秀逸です!

    日米共同声明を読むの!?と最初は驚きましたが、あの7項目を、これだけまとまった、かつ、的を得たストーリーで読むことになろうとは・・・、面白かったです。

    日米両首脳もビックリと思います。本当、購読していてよかった!

  3. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    質問

    アメリカ金利急騰

    ペンス中国政府批判
    中国政府アメリカ批判

    南沙諸島

    原油高

    トルコイラン韓国

    全部つながっていますよね?
    と、おもっているのは私だけかな?

  4. JD より:
    那須の山奥の兄ちゃんさん

    すべてが意図したタイミングとは思いませんが、結果として相互に相互に影響していますね。
    特に米国の対中政策についてはUSMCAとBUILD法もありました。
    次の記事で書きますね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。