ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2018/01/09 05:00  | 米国 |  コメント(2)

トランプとバノンの決裂

トランプ氏、元側近を「正気失った」と非難 長男巡るコメントで(1月3日付ロイター)
バノン氏、トランプ大統領の支持を継続すると表明-関係修復へ火消し(1月5日付ブルームバーグ)
トランプ政権の暴露本、前倒し発売へ 差し止め請求され(1月5日付BBC)

トランプ政権の暴露本『炎と怒り』(1月5日発売)でスティーブ・バノンドナルド・トランプ・ジュニアを批判したことを受け、1月3日、トランプがバノンを猛烈に批判。「バノンは自分と自分の職務とはまったく関係がない」「彼は解任されたとき正気を失った」という声明を発表。

翌4日、バノンはブライトバート・ラジオでトランプとの団結を強調。しかしトランプは「彼は昨日は態度を変えていたが、分からない」「彼とは話さない」と述べました。さらに5日にも「愚かなバノン(sloppy Bannon)」と得意のニックネーム付けであらためて非難。

これに対し、バノンは、7日に声明を出し、自身の発言について「後悔している」「ドナルド・トランプ・ジュニアは愛国者で良い人だ」「自分の発言はポール・マナフォート選対本部長に向けたもの」「大統領への支持に揺るぎはない」として謝罪しました。しかし、もはや両者の決裂は決定的になったようです。

この事件の意義と今後の見通しについては、状況がいまだ流動的なこともあり分析が難しいですが、現時点でいえることを解説します。

※ここから先はメルマガで解説します。アウトラインは以下のとおりです。

***********
トランプとバノンの決裂
***********

●バノンとトランプ
●バノンの失墜
●暴露本の評価

***********
あとがき
***********

Google Homeが家に届き、早速活用しています。

これは面白いですね。ある音楽を頼むと次にかける曲がこちらのテイストに合っていて、やるなあと思ったりします。

また、Apple TVからFire TVに切り替えました。

Amazonプライムをテレビで見るのが目的でしたが、これも音声入力の機能があり、とても便利です。

プライムでは友人から勧められて『スキャンダル』を見ています。これも『ハウス・オブ・カード』と同様、ベルトウェイ(ワシントンDCの政界の隠語)の雰囲気が良く伝わってくる作品ですが、テイストはよりポップで、『スーツ』に近いですね。

今は音楽や映画の呼び出しがメインですが、もっと色々なことが自然にできるようになるのでしょう。テクノロジーが生活を変えることを実感させます。

メルマガ「世界情勢ブリーフィング」をお読み頂くにはご登録のお手続きが必要です。
既にお手続き済みの方はこちらから今月の配信済みメルマガの確認と再送信が行えます(ログインが必要です)。

お申込みについてはこちらをご参照ください。

2 comments on “トランプとバノンの決裂
  1. KB より:
    FIRE AND FURY

    日本では、FIRE AND FURY は恰好のワイドショーネタですね(笑)
    メラニア夫人との不仲や、過去のティラーソン「moron」発言などを引っ張り出しながら、トランプたたき、トランプ政権の弱点の指摘に余念がないようです。これって、どうなんでしょうかね?!

    改めて、バノン思想、来日の際の話など面白いです。
    後ろ盾がなくなっているようにも見えますが、これからバノンがどのような動きをするのか、興味深いところです。

  2. ぺルドン より:
    あはははは・・

    トランプは・・
    大統領ではなく・・
    父親として激怒・・
    それ程・・危ない事を愚息はした・・

    あの二人の仲は・・もっとスパンが長い目で・・判断必要。
    気が付いたら・・元に戻っていた可能性もある。
    パトロンも本当に手を切ったか・・まだわからない。

    珍しくもないスキャンダル本・・
    今度は自分が狙われる・・
    ( ^ω^)・・・(笑

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。