ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/12/04 06:30  | マーケット |  コメント(14)

今週のぐっちー@新幹線

えー、先週は有料FBのメンバーの方とのオフ会で大変盛り上がりました。ちょっと早い忘年会、と言う感じですが ギンザ6 のレストランを取り、おいしいワインをたくさん頂き、読者の皆様とも交流ができたということで、大変楽しい夕べでありました。もう12月だな~、という感慨もございいますが、なんで年末になるとこう忙しなくなるんでしょかね・・・

さて、メルマガ・・・・
先週はGDP,個人所得、ケースシラー等々アメリカは経済統計が多数でてきたのでこちらも大忙し。どの数字を見てもマクロ経済としては全く悪くない。もう何年もこうやって定点観測を続けていますが(個人的には30年以上、ブログで取り上げ始めたのが2005年です)、まあ、100近い統計を同時並行で見ていくので、その辺のメディアがかなう訳がない。

そりゃ、日経の経済面書いている3年しか経験のないやつに負ける訳ないですよね・・・ということで、有料となっています(笑)。

アエラ・・・・
先週、今週とちょっと刺激的な原稿となっています(笑)。
このところ次々と露呈する大企業の不祥事は恐らく日本が今持っている根本的な問題・・・高度成長期の勝手に右上がりだった時代の成功者=ばか、が企業のトップに残っている・・・事に原因があるのだ、と思っています。

「そんなこというけど、ぐっちーさんだって丸紅で散々残業して苦労して仕事覚えて今がある訳でしょ?? 私たちみんなそうで、今の連中は文句ばかり言って、あれじゃ仕事覚えないよね?」

と賛同を求めてくるおじさんがすごく多いのですが、すみませんが、全く賛同致しません。

確かにワタクシ、丸紅時代、月200時間残業、土日なし、と言う生活で別に何の不満もありませんでした。むしろ楽しかったです。でもそれは、そういうルーティンを必死こいてこなしていれば、結果は勝手についてくる時代だったから、そうしていた訳です。いいですか、契約書を全部手書きで清書していた時代ですよ! 一番仕事ができるやつというのは正確無比に、しかも早く転記出来る奴だったり、暗算で4ケタの掛け算ができるやつだったり、要するに何も考えない奴が重宝された訳です。

今こんな奴がいても、正直全く使えない。そんなことパソコンでいくらでもできちゃう。大事なのはクリエイティビティーであって、正確無比に仕事をこなすことは機械に任せておけばよろしい。ということは全く違う能力を求められているのに、昔の成功者(そういうことに長けている方々)が多くの日本の大企業のトップに、未だにのさばって、改革の邪魔をしている、というのが今の日本企業の姿であります。

大体、70歳にもなって会社を辞めない、なんてほんと老害というしかないですね。功労者!? どかんと退職金払うんだからそれでいいではないですか。会社に居座って、俺のころは・・・、なんていうのはやめなさい、みっともない!!

いやいや、こういう不透明な時代には経験が役に・・・・立ちません!!
時代が違うんです。東郷平八郎を思い出してくださいよ。戦艦主義から脱出できずに、あんなことになっちゃったわけでしょ。ほんと、道誤ります。

60歳以上の年寄りが世の中に一番貢献できることは、今すぐ会社をやめることです。そんなに自分の経歴や体験がすごいんだったら、ご自分で新たに仕事をすればよろしい。そうすれば雇用も増えるし、世の中の役に立つでしょう。私がそうだとは申しませんが、そういう人々の役割はそれだけ、だとつくづく思います。

と書いていると腹が立つのでこの辺で失礼します(笑)。

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

14 comments on “今週のぐっちー@新幹線
  1. 空の財布 より:
    難題、何だい?

    仰るとおりで。
    かれこれ30年前頃か、60才過ぎての再雇用は社畜という言葉があったが、死語に。
    これからの日本は難題だらけで次期総理大臣は舵取り大変ですね。
    憲法も北朝鮮も、いずれは片付く問題。
    その時、日本は?
    グッチー本、新刊待ってます!(笑)

  2. ベルドン より:
    入れ墨集団

    きっと・・
    その親分・・後でヤクザみたいのが居るから・・因縁を付けられないように
    注意しろ・・って小言言ってるな・・お陰で財布が痩せた・・とも愚痴ってるかも知れない。ぐっちー財布肥った・?!

    契約書・・手書きで清書・?!
    生来の悪筆・・早書きすれば自分の原稿を読めない・・会社勤めしても・・窓際の風景を定年まで見る運命だったな・・( ^ω^)・・・(笑

  3. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    会社員に向かない人たち

    私もぐっちーと同じタイプにする人のようで

    もし、そのような集団に出くわすと
    異常にアドレナリンが出て
    逃げ道を探しながら
    突っ張ってしまうような、人間でございます。

    上司にたいしても
    へーきで逆らい
    まちがっても出世できないタイプで
    管理職になってもそのようなことを繰り返すので
    煙たがられ、居づらくなるのですなー

    管理職にすればそういう態度は改まると思ったようですな
    全然治らないということですな

    改めて、会社には不向きな人間で
    今の不祥事を起こすような企業には
    絶対、いないタイプの人間なのですな
    無理、あんなことをやっていて
    それを許容する、という選択肢が
    私にはない

    他の人はリストラが怖いから
    そんなことを言わない
    だから上が黒といえば白いものでも黒という
    そういう体質だと思いますよ
    だから家庭で子供に教えることと
    仕事で部下に教えることが違う
    世のおとーさんがいかに多いことか

    その家庭の倫理観をつぶすのが企業
    リストラや給料カットをされたくないから
    悪いことでも会社にしたがうの構図
    日産など、それを日本で最初にやった会社であって
    ゆえにカルロスゴーンは極悪人
    企業経営者にとって神様かもしれないけど
    全体にとっては極悪人
    ゆえに日産など内部統制などできるわけない
    内部告発の嵐でしょうねー

    だから日本の企業なんて
    全部つぶれちまえ、ということになるのです。

  4. けやき より:
    入れ墨集団2

    新幹線コワイですね。
    私はアウトローに好きにさせないための、銃規制緩和論者です。日本でも一般市民が所持携帯すべきです!抑止力こそが平和と安定を作る!

    私は射撃大好き(オススメは45口径です)ですが、日本では持てないのが残念です。在米経験の長いぐっちーさんなら所持してませんか(日本でも……?)

    >月200時間残業、土日なし
    これは自分にとって興味ある仕事だとイケますけどね。
    最悪なラインで指令が来た最悪な内容の仕事だと火炙り拷問みたいなもんでございます。

  5. 流れ者 より:
    老害?

    うーん。 士業ですがほとんど組織に勤務したことなく… かれこれずっと零細自営をしてきました。。 なので老害に対する怒りというのが正直実感ないです。。
    自営だと歳取って時代についていけなくなれば自然と仕事なくなり淘汰される(もちろん猛烈な努力と勉強で年々パワーアップし、若い参入者を次々返り討ちにしてる怪物はいますが汗)。
    だれもがそれが当たり前と思ってる。
    組織で働くって大変ですな。。

  6. 健太 より:
    期待

    若いうちに世間へ出たら、意に沿わないことをしなければならない。そのときどうするか?この回答を知らせておくことです。事は簡単で遊んでいても飯が食えるだけの資産を作ることでしょう。わが母親は20、30代は給料の七割で生活せよといった。これは効き目があるが付き合いを減らすことになる。なぜか当人は株式投資の才があったにもかかわrず、私にはするなといった。銭はあるようでない、無いようであるといった。
     バブル崩壊前に株をして、小さな損で逃げた。2万円まで待った、そこで一気にしたら大損害、馬鹿や労宮沢のやつだった。それから10年、物の値段はどのようにして決まるかを考えた、もちろん経済書などわからないから読まないが、資本論の理屈はまあわかった。ただし思想書としてはわからない。両親がなくなってから株式へと進んだが偶然外国株を買った。その後驚き桃のき山椒の木で、それ以後国株ばかりにした、軽く配当は5パーセントは超える、ごろごろしている。事は簡単ではじめから優良な株を調べておいて、下がったときに買う。2015年ごろは知らなかったが下がったときだった。浮かれて買ったがその後みな上がった。資本制の社会だということを中学では具体例を挙げて教えればいい。間抜けな国民主権など教える必要はない。資本を持たない人は近代社会では悲惨であるが結論です。それをのがれるには株式を持つことと、先物相場の理屈を理解して、その運動を知ることでしょう。先物市場は経済において、必要でしかもそれが決定的なものである。
     しかし世間で株を買えというと警戒される。よくまあここまで教育したものだと思う。大学無料化などしなくてもいい。せめて中学卒業まで金について教えて、五段階で評価せよ。いろいろあるが
    金のない人からお金は取れない
    金を持っている人でもはらう気のない人から取れないとか
     ねえ皆さん、ほかにいろいろあるでしょう。
    信用とは人をだますことと同じだとか。
    この按配を身に着けないとブログでもおだぶつですなあ。
    期待しています。

  7. 只野主任 より:
    仰る通リ

    ぐっちーのやっていることはほとんど賛同できる。ただ政治でのリベラルな傾向に違和感を持つだけ。笑 小泉進次郎に期待するところも同じ。
    あの当時商社に行った人は皆、そういう働き方だった気がする。24時間働けた。笑 もちろん好きこそものの上手なれだが、それで成果があげられる時代だったからだ。今は違う。

  8. レッスルマニア より:
    アエラ読みましたが

    敢えて異論を申し上げます。何10年にもわたって違反がありながら、世の中に何も不都合(事故とか)がなかったとしたら、規制の方が合ってないのではないでしょうか。
    無駄な規制で犯罪を作り出している部分はないか、考えるときだと思うのですが、いかがでしょうか。法律の方が間違っているという物言いは禁じ手とは思いますが、敢えて言います。

  9. oda_susi より:
    次の炎上ネタ?

    セクハラ問題もホットですねー

    難しいですコレ。私の感性からすると、よく映画に出てくる男女が頬を寄せての挨拶は、もしも日本職場でやったらセクハラ。アレやって良いのは、夫婦か恋人か家族だけ。でも映画やら大統領やらが公衆の面前でやってるんだから、文化が違うとOKなんでしょう。頬でも、嫌な相手と触れ合うのは相当嫌だと思うんですけどね(経験ないので推測で言っているだけです)。

    周囲の過去を思い出すと、セクハラとして認識されるレベルが人・環境により全く違う。傍から見ていると部長からのセクハラぢゃね?、と思う話も、実は職場内恋愛アプローチ(結局、双方が積極的合意の不倫が成立)の一環だったりしたし。私は、結婚式や忘年会で脱いだりする余興は嫌いなんだけど、日本社会では結構OKなようですね。

    権力を傘に着ての法律違反行為は、今時セクハラに限らず何を言ってもアウトですが、純粋な男女の異性アプローチが絡む場合もあるんで、線引きが良く分からんのです。。。

  10. volcano より:
    なるほどね

    原英史「バブルって不合理な予測が生むと思っていて….」

    なるほどね….って、よー分からんけど。合理的に考えたら分からんことだけは分かる。

  11. 空の財布 より:
    難問?(笑)

    セクハラ…もう〇十年前の話…会社での説明・質疑応答…好奇な目で見るだけでセクハラという話もあった…どうせえっちゅうねん…(笑)

  12. motcy より:
    世代格差

    30年前は携帯もない、PCもここまでない、年功序列当然、その他諸々あらゆる状況が違う中で同じやり方が通用するはずない。

    当然と言えば当然だけど過去の成功体験を捨てて新しいことに挑戦するのは気力も体力もいるよね。
     
     私たち現役子育て世代も将来同じことを若い奴から言われないようにしようと反面教師にして頑張らねばならないですね。

  13. oda_susi より:
    最近の改ざん問題

    そんな事はそんな事をする人がそんな事をすればいい。by 近くの出世人

    出世街道を爆走する人にとっては、成果に繋がらない細かい話は自分でやらずに人に押し付けて、何かあっても責任は押し付けた人にとらせるもの。

    最近、近くで出世するタイプ大抵こうだし、そうぢゃないと出世できないから、いつまで経っても膿が温存されちゃうんでしょう。膿出ししようとしたら、トップの責任問題が出てくるから、トップとしては積極的膿出しなんてしたくないし、ずっと人にやらせてきたから、興味湧かない。社会に出て以降ずっと、自分には関係ない他人事の意識のまま。かくして、変化させる上位トリガーも働かず、膿は暗黙のまま放置される。

    そんなとこかな

  14. とろ より:
    偉業 永世(名誉)七冠

    新聞からの抜粋ですが、羽生氏の言葉で
    将棋には長い歴史があるが盤上はテクノロジーの世界。日進月歩で進み、過去の実績は意味がない。常に最先端を探求する気持ちでいます。
    とあります。

    お金の流れのなかの主要な部分で忖度と前例踏襲が力を持っている限り、ぺんぺん草でも摘み取るかのような生産性向上に期待するしかないのでは?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。