ブログ記者によるオンライン新聞 グッチーポスト

The Gucci Post [ぐっちー編集長の金融・経済を中心としたオピニオンブログ News Paper]

2017/03/14 20:29  | アメリカ |  コメント(10)

利上げ前夜

こんな感じです。

Morgage News Daily

http://www.mortgagenewsdaily.com/consumer_rates/716933.aspx

Mortgage rates rose for the 10th time in the past 11 days today, bringing them very close to highest levels in 3 years. You’d have to go back to April 30th, 2014 to see the average lender offering higher rates. The most common conventional 30yr fixed quote is easily up to 4.375% on top tier scenarios with a growing number of lenders moving up to 4.5%.

住宅ローン金利は本日過去11日で10回目の上昇となり、過去3年での最高水水準に近づきつつある。標準な貸し手がこの水準のレートをオファーするのは2014年4月30日まで遡らねばならない。最も一般的な30年固定金利では4。475%に達し、4.5%までを提示するレンダーも増えつつある。

詳細はまた解説しますが、既に興味は利上げ後の市場に移っていると言えましょう。

私は久々に体調が悪く、咳が出るし、体の節々が痛いので、今日は早めに帰って暖かくしようと思います・・・・

明日は大阪日帰り・・・・

当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。
尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

10 comments on “利上げ前夜
  1. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    トリプル高

    普通は金利高になったら
    ドル高、株安なんだけど

    今は、トリプル高だからね
    いわゆるバブル
    訳がわかりません。
    わかっていることは今は期末。

    それよりも原油の戻り弱いねー
    25-35ドルまで落ちると思いますけどねー
    25ドルが有力ですね

  2. Nobody より:
    Libor3

    このところ、Libor3が上昇しています。ニュースでは(少なくとも日本のマスコミでは)触れられていないようです。
    リーマンショック対策以降ずっ~っと超低空で張り付いていたから、ちょっとばかり上昇したからと気にしなくていいのでしょうか。あるいは不正があったからもう参考にならない指標なのでしょうか。
    解釈・お考えをお教えいただけると幸いです。

  3. ペルドン より:
    その症状・・

    >>私は久々に体調が悪く、咳が出るし、体の節々が痛い・・
    典型的なインフルエンザでは・?
    良くて・・熱が出る風邪・・
    最近のウイルスは・・インターネットでも移るとか・・( ^ω^)・・・(笑

  4. dobon より:
    座布団二枚

    ぺルドンさん上手い、座布団二枚です。

    そうか、ウイルスはインターネットでも移るんだよね(笑)。

    悪質なインフルエンザでなければいいですけど。お大事に。

  5. ぐっちー本人 より:
    短期金利について

    えー、皆様にご心配頂いておりまして、ありがとうございます。
    今の所、熱はマックスで7度2分、というところでインフルではなさそうです。潜伏期間を見て、検査に行こうと思いますが・・・

    さて、Libor3 とは3か月Liborのことだろうかと思いますが、1か月から9か月までのLiborはぴったり25BPの利上げを織り込んだ水準にあります。FFはONのレートなので、短期金利はほぼその通りに反応します。よほど急激な景気減速などを織り込むと9か月あたりはむしろ下がることのあり得るですが、今回はその限りではありません。

    むしろ長期金利は下がってもおかしくないくらいですが、しばらく利上げが続く=調達金利の上昇、を織り込んでいる情勢と考えることは可能です。

  6. 那須の山奥の兄ちゃん より:
    なるほどね・・・・

    前回の利上げは長期債
    利上げ確定とともに反転しているのね

    金利安からドル安→株高と思っているわけね

  7. 通りすがり医師 より:
    インフルと感冒の違い

    まず、症状が出てる時点で、潜伏期間でない。

    典型的インフルは高熱、全身痛だが、微熱のインフルもあり。感冒も、その多くは抗生物質の効かないウイルス感染ですから。高熱や流行などなければ感冒と区別つかないのですよ。

    インフル検査も偽陰性(本当は陽性だけど、検査は陰性にでる)が20%程度あるから、陰性だからといって、あてにならない。最悪、流行状況、典型症状などで、医師がインフルと判断すれば、それがインフルの診断になる(えーって感じですよね?)
    あと検査の実施が早すぎて、ウイルスが増えきってないこともある。それから厄介なことに検査陽性でも症状が強くでない人はいますね。

    インフルは普通の感冒と違い、特効薬があるが、それも48時間以内に内服し、1日程度、熱などの症状出現が早く治る程度。

    よって、インフルだろうが、なかろうが、通常の感冒として対処されたし。
    栄養、睡眠、何より休息ですよ、必要なのは。とくにそこのぐっちーさん。

    1週間-10日で治らなければ、他の診断可能性あり。かかりつけの医者へどうぞ。

  8. dowahaha より:
    3回か4回かw

    馬鹿か(笑)
    利上げの回数予想してナンになるんだ
    そんなん経済情勢でナンボでも変わるだろうし、イエレン婆もちゃんとそう言ってるわな
    しかし、婆さん久々にスポットライト浴びてなぜか嬉しそうだったわ
    ちんちくりんで妙な服着てナ

    そういえばもうひとり
    金利上げたのに円高になったのは、4回の利上げが3回になったから
    って書いてる阿呆がいた
    メガネのちんちくりんなんだが

    コイツお友達かい?
    グッチー氏、レクチャーしてあげたら?(笑)

  9. より:
    日経夕刊ウォール街ラウンドアップによると

    FRBが債券借り換えで利上げと共に残高減らす可能性についてあるかもしれないとコメントを読み取りましたが、イエレンは、どう言っているのか、来週の有料ブログでコメントお願いします。

  10. Nobody より:
    ありがとうございました

    Libor3: London Interbank Offered Rate – 3 month についての解説ありがとうございました。リーマンショック以降ずっと下にへばりついていたことと、ここ最近のLibor3がダラダラと上昇していて(調整していて)、「何だろう」と抱いていた疑問が解決できました。

    お礼が遅れて申し訳ありませんでした。
    家内が咳が出始め翌日に発熱。危ない(*1)ということで急遽、区の夜間診療にかかると「38℃ですか、では」とインフルエンザ検査。見事(*2)A型と判明しました。

    *1)服用している薬の副作用を疑ったからです
    *2)インフルエンザで嬉しいということではありません。副作用でなく、対応方法が分かったから一安心

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

いただいたコメントは、チェックしたのち公開されますので、すぐには表示されません。
ご了承のうえ、ご利用ください。